ファーストフード大手チェーンのマクドナルドに、『サムライポークバーガー』というハンバーガーがあるのをご存知でしょうか? 酸味と塩分、そして甘さの三重奏がバツグンのウマミを演出し、非常にシットリとした食感のハンバーガーです。

実はこれ、タイ限定のマクドナルドメニューなのです。日本で発売されている『テリヤキバーガー』とまったく同じ商品で、タイでは『サムライポークバーガー』と名称を変えて販売されているのです。

タイをはじめ、東南アジア諸国では日本の時代劇ドラマをよく放送しており、サムライという言葉も定着しています。そのため、日本式の『テリヤキバーガー』を『サムライポークバーガー』という名称にしたわけですね。サムライ=日本式というイメージなわけです。

しかもこの『サムライポークバーガー』はかなりの人気商品で、タイ人はもちろんの事、欧米人観光客も購入していくとの事。取材中も、『サムライポークバーガー』を注文する人たちを多く見かけました。また、日本の味が好きなタイ人女性もよく買っているとの事(そう、タイ人女性は和食が大好きなのです)。日本の味が世界で愛されているのは、日本人にとって嬉しいものですね。

ちなみに、タイのマクドナルドでは『メガマック』を『ダブルビッグマック』として販売しています。同じメニューでも名称が変わると印象も変わるものですね。あなたも海外旅行のついでに、マクドナルドのご当地メニューをチェックしてみてはいかがでしょうか?

Photo by POUCH.