Pouch記者が日常生活のなかで感じたことを、とりとめもなく書くコラム『Pouchのひとりごと』。今回は、女性の「見せパン」を男性がどう思っているかについてのトピックです。

人に見せても良いパンツ、通称「見せパン」。主に女性がローライズジーンズ(股下の浅いジーンズ)を着用したときに、ウェスト部分から見えてもオシャレに見えるパンツのことを指し、具体的にはボクサーパンやスポーティなTバック、ポップな柄の入ったものなど、下着というよりは水着に近い感覚で着用するものが多いようです。

もちろんジーンズだけではなく、ミニスカートなどを着用するときにも重宝されているのですが……。実は、男性にはあまりウケが良いとは言えないみたい。

他人に下着を見せまいと気を張るくらいなら、いっそうのこと「見せてしまえ!」というちょっと大胆なコンセプトに同調し、愛用している女性も多いのでは。自分の下着がいつなんどき、他人様の目に触れぬともわからぬ状況は疲れるし、気をつけていてもいつの間にか見えちゃっていたというアクシデントも。特にそういった経験のある人は、一度「見せパン」を着用すると、その便利さから、手放せなくなる人も多いようです。

ところが、これらのパンツを面白く思っていないのが一部の男性陣。知人の男性数人によると「見せパンはイヤ! ズボンのウェストから出ているのをみると、たまらなく不愉快になる」とか、中には「わざわざ見せるなんて、卑猥だ」なんて意見も。でも、ローライズを履けば下着が見えてしまうのは仕方ないし、だからといって着たいファッションを諦めるのは、なんだか違うような。

彼らがここまで嫌うのはどんな理由があるのでしょう。「パンツが見えると汚らしい?」と質問すると、そうではないとのこと。よくよく話を聞くと、彼らは「見せパン」自体も嫌いだけど、本来見えないはずのズボンなどから意識して下着を見せているのが許せないのだとか。そこには、何か女性に対する理想像のようなものがあるのでしょうか。

その点に関して、こだわりが強い知人男性Gさんは「ウェストから見えるのは嫌悪するけど、スカートなどの下から見えるのはむしろ良い」とかなんとか……。ちなみに、アクシデントで普通の下着がウェストから飛び出してしまってる場合は、特に何も感じないそうです。つまり、あまりオープンに振舞われるよりも、大和撫子としての恥じらいが感じられる女性でいて欲しいという彼らの理想に基づいた意見なのかもしれません。

ボクサーパンツについて聞いてみると、「ダメだね、話にならない。意味がわからない」など、いかにも下心丸出しといった意見。とはいえ、これは男性としての素直な心理のようです。かつて記者(女)もボクサーパンツを履いて当時付き合っていた恋人の前に立ってみたら、男の子みたいだねと言われて少しも手を出されなかったことを昨日のことのように思い出します。着用には時と場合を考えた方が良いという、重要なことを学びました。

女性にとってローライズジーンズの「見せパン」は、セクシーカジュアルでカッコ良い女性のファッションという認識を持つ人も多いでしょう。なので、このように一方的な意見を男性に言われたところで、別に痛くもかゆくもない、というのが女性陣の感想かもしれません。

(記者/ 雨傘)

photo by flickr jlm.fotografo.
This image is used in accordance with copyright law number 32.