恋する相手になかなか思いを伝えられない片思い。今日こそ言おう、と決意してはみるもののやっぱり勇気が出なくて断念。それどころか、ほかの女の子と楽しそうにしている姿を見かけるとイライラしてしまいます。ヤキモチをやく権利はないのだけれど、気になってしまうのが女ゴコロというもの。

片思い女子たちは、どんなときにジェラシーを感じるのでしょうか。あるインターネット掲示板サイトには、次のようなコメントが書き込まれています。

「パチンコ店の店員が好きなんだけど、コーヒーガールと楽しそうにイチャイチャしてたときは自分でもビックリするくらい嫉妬して泣いた」
「好きな人からほかの女子の話をされると、とても嫌な気分になる。知ってる子ならなおさら嫌」
「好きな人が、自分の嫌いな人と仲良し。それだけでショック。そして嫉妬」
「好きな人には好きな人がいる。すごく上手くいっていて両思いらしい。嫉妬で狂いそう」
「ほかの人には笑顔なのに、自分には眉をひそめてくる。胸が痛い」
「女の子と仲良さそうにハイタッチしてた。こういう見たくもない場面に出くわしちゃう」
「好きな男が自分より年下のスイーツっぽい女と仲良さげにしてるとツライ」
「嫉妬って辛いなぁ。イライラする」
「既婚者のことが好きで、やいてしまう」
「好きな人がアイドル好きでその話をされるたびにもやもやする。アイドルなんてリアルじゃないものにまで嫉妬する自分が嫌だ」
「好きな人がほかの人のmixiボイスにコメントしてて嫉妬した」
「ほかの女子社員と笑い合ってるのとか見ると、ものすごく嫉妬してしまう」
「携帯のアドレス帳見せてもらったけど、女の子のアドレスが多い」
「元カノの夢見たとかいちいち言わないでほしい。嫉妬するから」
「片思いだと本当に不安で、ほかの人にとられちゃうんじゃないかと心配」
「もっと可愛くて自分に自信が持てたら嫉妬なんてしなかったのに」
「休憩中、必死にケータイで何か入力してるのが気になる」
「私には優しいけど、ほかの子には冗談とか言っていじわる。もっと自然に話せるようになりたい」
(引用・要約)

「ほかの女の子と話さないで!」というのが、片思い女子たちのホンネのよう。頑張ってアプローチして、堂々とそう言えるような関係になれたらいいですね。
(記者/うさぎ)

■関連リンク
2ちゃんねる