あまりに色気とフェロモンがあるため、男性に言い寄られて困っている女性が、その悩みを打ち明けています。あまりにモテモテのため、自分の色気やフェロモンを抑える方法を知りたいというのです。男女関係なくモテモテになるというのは嬉しいことに思えるのですが、困ることもあるんですね。

この女性はインターネットの恋愛掲示板に「私は思春期の頃から色気がある、フェロモンが出てる云々と頻繁に言われます。男女問わずあまりにも言われるので、男性からお誘いがあっても『体目当てなのかな』と邪推してほとんど発展しません。同僚の女子に相談しても『モテないよりはいいじゃん』と言われますが、外見の印象で近寄って来られるのはうんざりです。無駄な色気やフェロモンを抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?『体だけの女』にはなりたくないんです」と書いて、色気をなくす方法を他のインターネットユーザーから聞いています。この女性に対する他のインターネットユーザーのアドバイスをいくつか抜粋し、要約してお伝えしたいと思います。

・インターネットユーザーの声
「私はもうじき50歳ですが、私もまったくアナタと同じことをいまだに言われます。顔が三原じゅんこさん、杉本彩さんに似ています。アナタもそういったタレントさんに似ていませんか? 私も同じ悩みを持っているので共感していまいました」

「当方、生まれてこのかた40数年フェロモンとか色気とか持ち合わせたためしがありません。なのであなたが非常にうらやましいです。こちらはあなたのフェロモンを分けていただきたいくらいですよ」

「体だけの女にならないように、簡単に体を許さなければ良いだけでは。もし体だけが目当ての男性なら、アナタが堅くて真面目な女性だと分かれば去っていくでしょう。本当に相手を信用できるようになるまでは体を許さないようにすれば良いと思います」

「理解出来ます。自分で意識無くてもそう見られる。ただ、抑えるのは難しいので、清潔感を心がけて、利用してチャンスを美味しく使ってこちらから手玉に取るくらいの対応をしましょう。いろいろ、プライド高く振る舞えば遣える魅力です」

「アナタの色気は生まれつきでしょうね。いますよね。ハッとするくらい色っぽい子。服装や何やらで隠そうとして隠せる物ではないと思います」

……などなど、あらゆるアドバイスが寄せられています。色気やフェロモンは抑えることができないというのが、ほかのインターネットユーザーの見解のようです。色気を抑えることを考えるより、その色気をうまく使い、言い寄ってくる男性のなかから素晴らしい男性を見つけ出す能力を磨いたほうがいいかもしれませんね。
(記者 / 乎古止点)

photo by flickr arhadetruit