あるネット掲示板に「自分のオシャレな服装が、社内で注目を浴びてしまうというのはなぜ? 自分がオシャレ過ぎるというのは自覚していますが」という疑問を、30代前半の女性が投稿しています。

この女性は給料の3分の1はオシャレに費やし、昔からオシャレといわれ続けているためオシャレには自信があるそうで、社内の他部署で別フロアの名前も知らない3名から毎日服装をチェックされるというのです。この女性の服装チェックをしている20代女性たちの服装は、彼女曰く楽しい格好。例えば、「頭は茶髪のアゲハ盛り、メイクはゴスロリかメイド風、ネイルは3D飛び出し過ぎたパーティ仕様、黄色のVネックセーターに茶色のスキニー、シルバーのパンプス」というような個性的な格好なのだそうです。

寄せられた多くのコメントのなかから、ユニークなものをいくつかを抜粋してご紹介します。

ネットユーザーのアドバイス

・4人で毎日おしゃれ談義すればいいと思います。お互いに「今日は星3つ~☆彡」とか言い合って楽しんでください。

・くだらないことに気をとられてばかりいないで、仕事に集中なさった方が余程魅力的だと思いますよ。職場、暇なんですか? 忙しい職場ではそれどころじゃないですよ.。

・自由な会社ですね、羨ましいです。別に彼女たちから嫌がらせなどされていなければ、意外と話が合ったりして。

・トピ主さんナイス!「オシャレすぎる私…」ですか(笑)。素敵なトピタイトルだと思います。たまにいますよね。オシャレと言うよりこだわりすぎというかやり過ぎてバランス悪くなっちゃってる人。

・その3人以外の職場の人は、あなたと3人をどのような目で見ているのかしら。きっと他の人からみたら、4人は同類だと思うけど。

・まず発言がおされじゃない。おされな人は考え方もおっされ~です

・「オシャレ」って、奇抜な格好してる人にも言える社交辞令なのかも。

・単にその3名の女性も、あなたのファッションを奇異の目で見ているだけでしょ。多分その女性たちも、自分のファッションには自信があることでしょう。

・インディーズブランド着用のトピ主さんを私も見に行きたい。おしゃれさんなんですよね。

・身なりに、彼女等がツボにはまる何かをがあるんですよ。ワザワザ来るのは確認のため。「ちょっと、見た?!」「見た見た!」(爆)、ってやってますなあ。一体何だろう。私もトピ主さん見てみたいよ……。

・おしゃれなトピ主とお友達になりたいんですよ、きっと。トピ主もそんなに気になるんならどんどん話しかけてお友達になっちゃえば?
(引用・要約)

辛口な意見が目立ちますが、トピ主はこれに対し次のようにコメント。「確かに私は自意識過剰です。そうさせたのは周りの方々。20代の頃から雑誌に何度も載ったり、ショッピングに行くと店員さんから、私のヘアアレンジのことや持ち物、トータルコーディネートなどを聞かれたり褒められたりしているのでそうなったのだと思う」と、あくまで自分はオシャレだということを主張。

服装にこだわり、オシャレを楽しむのは素晴らしいことでが、まずは自身のファッションをもう一度、客観的に見てみるのが解決策かも。
(記者 / sweetsholic)

screenshot:flicker / ben pollard