2011年3月11日15時前後に発生した東北・関東を中心とした大地震。最大で震度7という未曾有の激震が日本を襲い、そのあまりにも強い地震は東京都内を大混乱へと陥れている。

東京都内は大混乱となり、ビルや家屋から野外に飛び出してくる人たちが大勢いた。15時21分現在も激しく揺れており、いまだ安心できる状態ではない。東京・新宿駅では、大型のテレビスクリーンで地震のニュースを見る人たちがいっぱいで、大混乱に。JR全線は現在のところ、全線止まっており、都内は、人、人、人で歩ける道もほとんどないくらいである。新宿御苑は現在、緊急で避難する人たちで押し寄せており、公衆電話には長い列ができている。

雲行きも悪くなってきていて、温度も急激に下がっているように感じる。とりあえずは、公園や、広場など、安心できるところへ避難しよう。ちなみに、今回の宮城付近のマグニチュード8.9は世界でも最大規模で、世界で一番大きい地震は9.4。

都内の路上には、陳列していた物が散乱し、混乱して泣き叫ぶ人たちがいた。また、地震発生の状況が非常にブキミで、まるで地面からマグマが噴出してきそうなゴゴゴゴゴゴゴゴという地響きがあったという。

現在も大きく揺れているので、皆さんも地震に細心の注意を払って建物や障害物などの下敷きにならないよう、行動していただきたい。また続報が入り次第、お伝えしようと思う。