東北、関東に甚大な被害をもたらした3月11日の大地震。被災地外にいる方は、被災地にいる家族や友人の安否確認のために電話での確認を心がける方も多いと思いますが、このような非常時には、できるだけ不要・不急の通話は控えるようにしましょう。

固定電話や携帯電話は公衆通信サービスであり、限られた設備を多くの人で共用しているものです。

特に災害時には、救援を求める110番、119番のような緊急通報の確保や、障害者の情報入手、連絡への配慮も必要となるため、利用者全体で、不要不急な通話を控えるなど全体の通信量を皆で協力してできるだけ抑える工夫が必要です。

では、どうしたらいのでしょうか。具体的な注意ポイントは、以下の通りです。

●不要不急の電話は、できる限り控えましょう。

●電話をかける前に落ち着いて待ちましょう。お互いに電話しようとして、受話器を上げている時はつながりません。リダイアル機能で電話をかけ直し続けるのもよくありません。

●お見舞いの電話も極力控えましょう。被災地内での緊急の情報連絡に支障をきたすことがあります。

●電話がつながった場合も、通話はできる限り短くしましょう。

●被災地外から被災地の知人の安否確認をするためには、 「災害用伝言ダイヤル」http://bit.ly/i6dT9j)を利用しましょう。これは、被災地へ回線接続をしないので、被災地向けの通信量を抑えることができます。逆に、被災地の方は、災害用伝言ダイヤルを利用して安否の発信をお願いします。

被災地外で自分にも何かできないかと思っている人もいると思いますが、電話を控えることで、被災地での通信手段を確保し、被災地を支援することが可能です。枝野官房長官も、11日の記者会見で「電話は最低限に」と呼びかけています。ぜひご協力ください。

また、メールは電話に比べると送受信しやすいようですが、電話と同じく皆で回線を共用しているものですから、メールについても不要不急の送信は控えましょう。

なお、NTTでは、インターネットを利用して被災地の方の安否確認を行う「災害用ブロードバンド伝言板」(http://bit.ly/hwu4TR)も提供しています。ネットが利用できる方は、こちらの伝言板も利用してください。
(記者:シナモン)

参照元:東京大学大学院情報学環・学際情報学府(http://bit.ly/hA7Olt
写真:Pouch