地震情報サイトJISによれば、避難生活においてはエコノミークラス症候群になるリスクが高いのだそうで、2004年に起きた新潟中越地震の際には、避難生活のため車中泊をしていた女性がエコノミークラス症候群により亡くなっているとの記述があります。

エコノミークラス症候群とは、長時間に渡り同じ姿勢をとる事でふくらはぎ静脈の血が流れにくくなり、血の塊(血栓)が出来る症状のこと。悪化すると血栓が血管を流れていき、肺をつまらせることがあり、最悪の場合は死に至ることがあるそうです。エコノミークラス症候群予防のため、避難所や車中泊をしている方は以下のことを実践してみてください。

 
●水分を適度によくとる
●ふくらはぎを揉むなど、こまめにマッサージする
●屈伸運動をする
●もしあれば、締め付けの強い弾性ストッキングをはく

普段から立ち仕事が多い人は静脈に血栓ができやすいので、より注意が必要だということです。

避難所ではトイレ事情がよくないため、水分摂取を控える人が多いようです。そのため水分不足が影響して、エコノミークラス症候群になりやすくなるのだそう。大切なのは生き延びることです。まずは水分補給を重視して身の安全を第一に考えましょう。

(文:sweetsholic)

参照元:地震情報のポータル 地震情報サイトJIS(http://bit.ly/dY3Gym