東北地方は、今後気温が下がることが予想されており、日中も5度を下回る真冬並みの寒さになるといいます。衣類や毛布が確保できていても寒さを感じる方や、衣類が足りない方は下記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

●「防災サバイバルキャンプ体験サイト」によれば、レスキューシート、新聞紙、発泡スチロール、段ボール、食品包装用ラップなどを体に巻き付けると体温が奪われにくいとしています。

●NHK番組「あさイチ」で14日に放送されてた「東北関東大震災、いま何が必要か?」によれば、2枚の新聞紙を用意し、お腹の周りに巻きつけラップでくるみます。これで少しは体温の低下を防げるのだそうです。この上から衣類を羽織れば暖かく感じるそうです。

●Q&Aサイトの「OKWave」によれば、冷たくなりがちなつま先を暖める方法として「靴下の上、もしくは靴の上にサランラップを巻く」「靴底に新聞紙を敷く」などの方法が記載されています。

断熱効果のある新聞紙は侮れません。このほかにも新聞紙はぬらして床拭きとして使用すればほこりが舞うことなく掃除ができますから、雑巾やほうきなどが身近にない場合にも新聞紙を活用してみてください。
(文:写真sweetsholic)

参照元:防災サバイバルキャンプ体験サイト (http://bit.ly/fGOf1z
OKWave(http://bit.ly/hK2wFx