2011年5月12日に首をつり自殺したアイドルの上原美優さん(24歳)。あまりにも突然の死に、多くの人たちが驚きを隠せずにいます。所属事務所は「普段からお付き合いしていた男性が発見しましたと目黒警察より報告を受けました。遺書はありませんでしたが、解読不明な殴り書きのようなものがあったと聞いております」と公式コメントを発表しています。

タレントの中川翔子さんも「これからいっぱいご飯いこうねって何度も言ってたのに信じられないです」と悲しみの声を寄せていますが、お笑い芸人の楽しんごさんが、非常に意味深な言葉を公式ブログに掲載しています。

・楽しんごさんの書き込み

美優ちゃーん(>_<)どうして! ショックで涙が止まらないよー! 初めて会った時から凄い愛情たっぷりのメールくれて、しんごちゃん今日はしんごちゃんと一緒の収録で楽しかったー! しんごちゃん大好き! 生きててくれてありがとうって! しんごちゃんの誕生日会もやりたいねって美優ちゃん計画してくれてたみたい。いったい何があったの? (引用ここまで)

上原さんは生前、楽しんごさんに「生きててくれてありがとう」という言葉を送っていたのです。これはつまり、上原さんは常に物事を真剣に考え、生と死に対して真剣に向き合った生活をしていたともとれます。まじめな人ほど、深く考えすぎる人ほど、悩みを抱えて重圧に負けてしまうことがあるといいます。

自殺という結末は非常に残念ですが、多くの人たちが上原さんに「明るい笑顔をありがとう」という気持ちを抱いていることでしょう。彼女の貧乏でも前向きで明るい姿勢は、確かに日本を明るくしました。心よりご冥福をお祈りいたします。

参照元: 楽しんご公式ブログ