10代で処女を失った女性は、顕著に離婚率が高くなるそうです。これは、米国・アイオワ大学の発表で明らかになりました。

この大学の調査結果(※3793人の成人女性を対象に調査)によれば、10代の時に処女を失った女性の31%は、結婚5年以内に離婚し、さらに47%の女性が10年以内に離婚したとのこと。

これは、性経験をしなかった女性に比べて約2倍も高かったそうです。

さらに、16歳以前に処女を失ってしまうと、離婚率は極端に高まるとのことでした。

一方で、18歳以前に処女を失った女性の42%は、「セックスは自分の意志ではなかった」と話をしており、早期に体験してしまうことが、その後の人生の中でトラウマとなっていることもわかりました。

この研究をしたAnthony Paikさんは、「早期のセックスが今後の人間関係(夫婦関係)に否定的な影響を及ぼす。」と説明しています。

果たして、このような結果は、今後、10代の子供たちの性を守る教育材料の1つになるのでしょうか。また、男性の場合はどうなのかも気になるところです…。

(文:Yoshio)

参照:huffingtonpost.com(http://p.tl/QhYX),flickr(SCA Svenska Cellulosa Aktiebolaget)