子供と一緒に作りたい「風船チョコカップ」でおいしく楽しくひんやりと♪ 


子供の頃から両親に「食べ物で遊んじゃいけません」といわれて育ちました。テレビ番組で志村けんがスイカを面白おかしく食べる場面になろうものなら、チャンネルは強制的に変えられ、宇宙より深く長い沈黙が食卓に広がったものです。

食べ物で遊ぶ者は悪。いつしか記者はそのような考えを持つ人間に形成されました。そんな記者の目を疑う記事がロシアのニュースサイトに掲載されました。

膨らました水風船を……溶かしたチョコにひたしています。もももも、もったいない! 黄色、水色、白、ピンク、様々な色の水風船を躊躇なくチョコに突っ込んでいます。もしやこれが、アート作品になってしまうのでは? 食材を利用したアート作品なんて、あたい、絶対反対!


おや、クッキングシートを敷いた天板の飢えにチョコ風船を並べ始めていますね。スプーンで風船の土台を作っているようにも見えます。まさか、ロシアだけに「風船チョコマトリョーシカ」を作る気なのでは……ゆ、ゆるせん! 食材アート作品、断固断固反対!!

針を風船に突き刺そうとしているのでしょうか。冷やされて固まったチョコと風船はもはや一心同体。せっかくくっついた、ふたつの物質を破壊する珍妙な行為。わかったわ! これをね、こうやって、ドーン!  と割って、大泣きしながら諸行無常について考える「ワタシ」という、インスタレーションを行うつもりなんだわ。お母さんはあなたをそんな子に育てた覚えはありません!

次々と風船が割られてしまいました。風船が割れる。さっきまで張り詰めていたものが消えてなくなる。あとに残ったものは、縮んで丸まったゴムの無残なかけら。ん? 待てよ。これ、まさかチョコレートのカップ!?

お次はチョコカップにアイスクリームを入れるのですか。素敵です! そう、これはアート作品ではなく、スイーツを作る工程だったのです。ほっ、よかった! これなら賛成ですぞ。

上にパラパラとデコレーションをふりかけて、完成! 中身も容器もたべられる、作って楽しい、食べて美味しい、アイデア・スイーツの出来上がり。デコレーションをもっと派手にしたり、応用してキャラ・スイーツにするもの面白そうです。この夏休み、お友達やお子さまとワイワイ作るのも楽しそうですね。

参照元:www.ewook.com(http://p.tl/towt

(ライター=みあざきぱなま)

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り