な、なにコレ! 絵画のようだけど、くっきりと浮き上がってみえます。しかも、この絵画、どこかで見たことがあるような……。絵画をジオラマにしたのでしょうか? とても不思議な感じです。

絵画の作者は、ゴッホ。しかも、ジオラマ模型ではなく、絵画にちょっと手を加えただけというから驚きです。

この作品を作ったのは『Art Cyclopedia』のアーティスト、Serena Malyonさん。

いったいどうやってつくったかというと、ティルト・シフト撮影を起用したのだそうです。ティルト・シフトというのは、風景などがまるでミニチュアのように撮影できるとして、数年前から話題になっている特殊なレンズを使用した撮影方法。焦点のコントラストや色の彩度などを調整することで、フォトショップでもシミュレートできます。

Malyonさんは、ジオラマみたいにするには風景写真ならうまくいくけれど、絵画ならどうなるだろうか? と思って、試しにゴッホの絵画を使って撮影してみたのだそうです。

画像を拡大してみると、その緻密さが良くわかります。例えば、『収穫』は、手前にある木々や柵、積み重ねた藁など、線の1本1本が驚くほどに浮き上がって見えます。『ローヌ河畔の星空』に至っては、水面が波打ち輝いて見え、まるで本物の河のよう。

背景はぼんやりとぼやかしてあるので、ジオラマのように見えるのです。本当に、すごい。

たとえ見慣れた名画も、このようにジオラマ風にすることで新たな発見がありそう。古い名画を現代風に蘇らせてくれる、素晴らしい手段といえるのではないでしょうか。Malyonさんは、ほかにも「ジオラマ風絵画」を制作・掲載しているので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょう。

(文=めるりんこ)

参照元:Art Cyclopedia(http://p.tl/R1eE

▼実写なのか絵画なのか、不思議な感覚に陥るゴッホ名画の数々