2011年10月14日に発売されたアップル社のスマートフォンiPhone4S(アイフォーン フォーエス)。時差の関係で日本がいちばん早い発売となり、世界中が注目するニューヨーク・マンハッタンのアップルストア『Apple Store Fifth Avenue』では、その数時間後に発売されます。

そんなiPhone4Sを購入するために『Apple Store Fifth Avenue』に2週間前から並んでいた女性がいるのをご存じでしょうか? この女性は10月下旬から『Apple Store Fifth Avenue』に並ぼうと挑み、何度もアップルスタッフに追い返されつつも、ようやく並ぶ事ができたのです。しかも行列の二番手!

この美しき女性はジェシカさん(26歳)。職業は映画やテレビ等の特殊メイクアップアーティストで、かなりのアップル好き。iPhoneはもちろんのこと、さまざまな電子機器が好きなのだとか。行列に並ぶことは辛くないのでしょうか?

ジェシカさんは当編集部の取材に「仲間と並んでいるし、歩く人たちが話しかけてくれるので退屈しないし楽しいわ」とコメントしています。でも女子が17日前から野外で並んで体力や気力は大丈夫なの? しかし彼女は「アドレナリンが出てるから気力は問題ないわ♪」とも語っていました。

では彼女にとって、iPhoneシリーズの魅力とは何なのでしょうか? その質問に彼女は「iPhoneは使いやすいのが良い。良い体験ができたわ。私はiPhoneとアンドロイドケータイを持っているけど、スペックの面からしてもiPhoneのほうが良いわね」と熱弁していました。

しかしいくらiPhoneが好きだからって、日本では数日前から並ぶ女子は稀です。そのことに関してジェシカさんは「女子だからって、やっちゃいけない事なんてないと思うの。iPhoneだろうがマンガだろうが、好きなら恐れずに行列に並べば良いと思うわ。私はアップルストアに並ぼうとして17日間いたけど大丈夫だったし、むしろ楽しかったわ」と語っていました。

(取材、写真、文= Pouch編集部)