映画の本場といえば、なんと言って米・ハリウッド。毎年数え切れたほどの作品が制作され、のちの作品に影響を与える名作も多数誕生しています。そのハリウッド映画のポスターには、実は決まったパターンがあるようです。過去のポスターのパターンを分類した画像が、海外のインターネットユーザーの間で話題を呼んでいます。以下がその13パターンです。

・ ハリウッド映画のポスターでありがちな13パターン

1. 浜辺に立つ人々と、空に浮かぶ巨大な顔

感動的なドラマ映画に多く見られるパターン。浜辺に立つ人たちと、空に浮かぶ人物は、作中で別離(死別)する可能性が高いです。

2. セクシーな背中(多くは武器を持っている)

アクション映画に多く見られるパターン。

3. 背中合わせ

ラブコメディやアクション映画み見られるパターン。多くは男女が背中合わせで立ち、2人は本編で恋愛関係に陥るケースがあります。

4. ベッド

ラブコメディに多く見られるパターン。ベッドで語り合う男女が恋仲であることが多いです。

5. 見つめる目

サスペンス・ホラーを含む恐怖映画によくあるパターン。

6. 青い自然

自然をテーマにした映画に見られるパターン。青い地球を象徴しています。

7. 黒とオレンジ

アクション映画のパターン。オレンジ色は「爆発」をあらわしています。

8. 命がけで走る

「黒とオレンジ」パターンと同様に、アクション映画の定番。何かに追われている、もしくは追いかけているイメージです。

9. 大きく開いた足

コメディ映画に見られるパターン。

10. 顔のように見えるモザイクや錯視

サスペンス映画に見られるパターン。薬物使用などにより幻覚を暗示しています。

11. 赤いドレス

さまざまな映画ジャンルで見られるパターン。赤は大変よく目立つのでポスターに起用されることが多い色です。

12. 他の映画ポスターのパクリ

有名映画のB級作品でよくあるパターン。本家の映画を真似することで、類似作品と思わせる効果があるようです。

13. 顔と文字列

最近の流行りのパターン。映画『ソーシャルネットワーク』を筆頭に、近頃の作品によく用いられるポスターの手法です。

以上が13パターンです。いかがだったでしょうか。有名作品の多くもこのパターンに分類されています。こうしてみると、それぞれに訴えかけたいメッセージがあることが良くわかりますね。今後映画を見る際に、参考にしてみてください。

(文=チャーミー)

参照元:ONTD (http://goo.gl/dLxzS