あまり知られていませんが、電気料金を約半額にする方法があります。場合によっては電気料金を3分の1ほどに下げることも可能です。「電気代がアップするらしいよ」という噂が流れているいま、できるだけ節約をしておきたいもの。電気料金が半額になるなら誰でもやってみたいものです。

その方法は簡単です。東京電力ならば『おトクなナイト8』というプラン、関西電力ならば『時間帯別電灯』というプラン、九州電力なら『よかナイト10』というプランに入ればいいだけです。

それらのプランは「昼間の電気料金はあがるけど夜間の電気料金が劇的に安くなる」という内容のもので、昼間は外出していて夜に家にいることが多い人に向いています。

東京電力の場合、通常のプランだと24時間いつでも1kWh約18円なのに対して、『おトクなナイト8』は夜間の午後11時から翌朝の午前7時まで1kWh約9円になります。つまりほぼ半額になるわけです。

・電気プランの例(あくまで一例ですよ)
通常プランの電気代約18円(1kWh)
ナイト8の夜間電気代約9円(1kWh)
ナイト8の昼間電気代約22~29円(1kWh)

しかし、昼間の電気料金がアップしてしまうというデメリットもあります。いつもは1kWh約18円なのに対し、このプランに入ると昼間は1kWh約22~29円になるのです。ちなみに、もっと長い時間割り引かれる『おトクなナイト10』というプランもありますよ。

もし夜間のほうが電気を使う機会が多いという人は、夜間に割り引かれるプランを検討してみてはいかがでしょうか? 場合によっては、かなりの節約につながるかもしれませんよ。

(文=乎古止点)
画像: 東京電力『おトクなナイト8』サイト