国を問わず、選挙となればその行政区域の代表者を選出するために、候補者の演説に耳を傾け、大切な1票を投じなければなりません。その候補者の主張だけでなく、人柄や能力を吟味することになります。演説を聞く機会があればよいのですが、いつも近くに候補者がいる訳ではありませんね。そこでテレビ中継を見たり、ポスターを見て判断材料にする訳ですが、とある国の候補者のポスターが、正直すぎると話題を呼んでいます。

その候補者は「何も約束できません」と、自らの能力に対して、隠すことなくポスターで訴えているのです。彼は、以下のように自らの能力について明かしています。

「ベストは尽くします。しかし、何も約束することはできません」

率直に申し上げて、期待できないといわざるを得ないでしょう。何も約束できないと言われて、有権者はどうしたら良いのか迷ってしまいます。

しかしながら、好感が持てることには違いありません。彼であれば、何か不正が起きても事実関係を正直に伝えてくれることでしょう。そんな彼のポスターを見た海外のインターネットユーザーからは「俺が投票する!」、「正直すぎるだろう(笑)」など、やはり高感触のようです。

実際の選挙結果は一体どうなったのでしょうか? 当選していることを願います……。

(文=チャーミー)
参照元:WEKNOWMEMES (http://goo.gl/miYuh