―お金を儲けるためにメディアを駆使し人々をコントロールし、騙して自然を破壊し、無責任に危ないものをいっぱい作って来た奴ら(~途中省略~)、犠牲になってきた人たちのうえに電気っていう暮らしがあるんだよ― (反原発ソング『human ERROR』の歌詞より)

3月に発生した福島原発における事故が未だ終息をみせないまま、今年ももうすぐ終わろうとしています。そんななか、シンプルにそして力強く『反原発』を歌うバンドが、インターネット上でにわかに注目を集め始めているのです。

心に響く歌を奏でるバンドの名は、『Frying Dutchman』。ボーカル・ギター・ドラムスというスリーピース編成のこのバンドは、メンバー全員が京都出身で、現在も活動拠点は関西。数多くの海外ツアーもこなしており、国内外に着々と中毒ファンを増やしているロックバンドです。

彼らの曲は元々、直接的なことを歌わない歌詞がほとんどでした。それは、作詞も務めているボーカルのLee Tabasco氏曰く、「細かくあれこれ語るのは、照れくさいから」。しかし3月の原発事故以後、Lee氏はものすごい怒りと悲しみに持ち上げられ内側から湧きあがるようにして吐き出した言葉が、この『human ERROR』の歌詞だったのです。

「何か確固たる意志のようなものがあったというよりも、むしろ自然と湧きあがってきた不安・怒り・悲しみをそのまま曲に乗せただけ」。そんなふうにして生まれた名曲『human ERROR』ですが、当初は全く音源化するつもりはなかったのだとか。

曲が完成した4月頃、バンドの傍ら普段は京都で廃品回収業も営んでいるというLee氏は、なんとライブ録音したこの曲の音源を、廃品回収中の車から流し続けていたのだそうです。右翼に間違えられたり、警察に呼びとめられたりすることなどがしょっちゅうあったそうですが、伝えたい思いは少しも変わることはなく、今でもゲリラ的にこの曲を流し続けているのだそう。

Lee氏がこの曲を通して伝えたいこと、それは「おかしいと思うことには声を上げていこう!」ということ。自分たちだって、正しいことをしているのかどうかわからない。けれど、間違っていることは間違っている。そんなふうに、とにかく声をあげて、少しでも多くの人に気づいてもらうことが大切だと、Lee氏は考えています。

「もはや無視することのできない原発問題に、未だに無関心な人々もいる。そういう人にこそ聴いてほしい。そのために歌詞を極力簡単な言葉にしたし、いま自分が書けることわかること、すべてを書きました」と、Lee氏。

現在ツイッター上やyoutube上での『human ERROR』の注目度は、ウナギ登りです。この状況を、Lee氏は「素直に嬉しい」それはまさに「愛だ」と語ります。

「でも『Frying Dutchman』は反原発バンドではない。そのように祭り上げられるのはある程度覚悟していたけれど、カテゴライズされるのは本意ではないし、僕らはただ単に、間違っていることに対してストレートに表現しているだけ! それが、ロックンロールだぜ!!!」

Lee氏は3年ほど前から原発問題について考えるようになり、それがきっかけで、反原発を強く意識するようになっていったのだそう。そのうちに、原子力というものがいかに怖ろしく無益なものであるか。そして、その存在がどれほど多くの自然や、人の心を壊していくのかということを嫌というほど感じたというLee氏。そんな彼が伝えようとする一語一語には、誠実な思いと、真っ直ぐな魂が宿っています。

「原発は絶対にいらない」。人道的に考えれば、このような考えに行きつくことは自然なことかもしれません。しかしこの問題を議論する際に避けられないのは、原発に変わる代替エネルギーはどうするのかということ。この点をLee氏は、どのように考えているのでしょうか。

「まず、今は電気を使い過ぎていると思うんです。使えば使うほど、ドラッグみたいにもっともっと、というふうになっている気がする。僕は専門家じゃないんでハッキリとしたことはいえないけれど、とにかくまずは電気を使い過ぎないことが大事」。

「それに日本には技術力もあるし、地熱などのエネルギー資源もある。今後日本にとって、なにが一番良い方法なのか、皆で議論していくしかないと思います」。

最後に、東電・政府そして国民に対して思うことを聞いてみました。

「あの曲がすべて言っている。言っても無駄だと思っても、声をあげていくしかないから。だからひとりでも多くの人に気づいてもらうためにも、この曲を聴いて、気づいた人から遠慮なく声をあげていってほしいんです」。

「みんなの声は響きだし、世界はきっとおもいだすだろう。僕らは歌の力を信じている!」。

やわらかな関西弁で語られる言葉のひとつひとつに、誠実さと温かさが満ち溢れていた、Lee氏。彼の思いが詰まった楽曲『human ERROR』のPVは、いよいよ今後10日以内にyouutubeにアップされる予定です。その際にはますます注目を集めそうですね。Leeさん、お忙しい中インタビューに答えていただき、本当にありがとうございました!

今後『Frying Dutchman』は、来月3日に代々木公園で行われる反原発デモに参加予定なのだとか。また、その後5日には代官山、6日には国立市でもライブが行われるそうです。生で彼らの曲が聴けるこのチャンス、東京近辺在住の方はぜひとも足を運んでみてはいかがでしょうか。

(取材、文=田端あんじ)

参考元:fryingdutchman.jp(http://goo.gl/VqWPN

▼ダイレクトに胸に刺さる歌詞に注目