指でワックスをそっとなぞっただけで、まるで魔法のように現れる絵。動画サイト『youtube』に投稿されているこちらの映像は、ロンドン在住のイギリス人アーティストFelicity Powellさんによる作品製作の様子です。

Powellさんは白と赤のワックスだけを使って、黒い小さな鏡の裏面に直接絵を描くことで知られており、指1本から生まれる幾多の見事な作品は、今世界中から注目を集めています。

彼女の作品が現在展示されている、ロンドンで開催中の展覧会『the Wellcome Collection’s Miracles&Charms』は、護符つまりお守りがテーマのエキシビジョンです。作品のすべては、1930年代に1400もの護符を所有していたとされるEdward Lovett氏のコレクションからインスパイアされたもの。

「護符が持つ魔力のようなものを、今改めて感じとって欲しい」。そう願って作られた作品のひとつひとつは、普通の作品とは一線を画する異様な輝きを放っています。

顔からタコの足がはえたモチーフや、木の根がはえたモチーフ。さらには顔自体がサンゴになっているモチーフなど、一見気味の悪いデザインばかりが目につきますが、でき上がった作品のどれもが不思議と気品に満ちているのが、実に印象的です。

魔法をかけるように作品を生み出すPowellさんですが、まさか本当に魔法使いなの? 思わずそんなふうに妄想してしまう作品の数々に出会えるこちらの展覧会は、2012年2月26日まで開催されている予定。Powellさんの作品を生で目にすることのできるこの貴重な機会を、お見逃しなく!

(文=田端あんじ)

参考元:youtube.com(http://goo.gl/Z7a0q

▼奇妙だけれど魅惑的です

▼どうしたらこうなるのでしょうか…実に不思議