ワインとタバコを片手に背中合わせに座り、ゆったりとくつろぐ男女のシルエット。まるでそこに本物の人間がいるかのような、とてもリアルな影絵です。しかし驚くべきことに、その影を作っているのはマネキン人形ではありません。

なんと山積みにされた六ヶ月分の家庭ゴミ! さらに、そのゴミを二羽のカモメの剥製がついばんでいます。

今回は、このように一見精妙で美しく、よくよく見るとハードな表現の影絵アートをご紹介します。

海外サイト『dailymail.co.uk』によると、この作品を作ったのはイギリス在住のアートユニット、 Tim Noblea and Sue Websterのお二人。1986年にノッティンガム大学で芸術学生として出会ってから現在に至るまで、芸術家として長いキャリアを積んできました。

彼らの作品にはガラクタやゴミ、それから動物の死骸や骨といった、目を覆いたくなるような素材が使用されています。それは、彼らが青春時代に流行したパンクロックの直接的で刹那的な表現方法に大きな影響を受けているからだそうで、そのスタイルは昔から一貫していてブレません。

彼らの作品はこのほかにも、美しく輝く摩天楼のシルエットが空き缶でできていたり、噴水のデコレーションが罪を犯す男女の影を映し出すといったように毎回「光と影」という二面性を持たせてあります。これにより、私たちの心の中にある二つの人格について表現しているそうです。

長い間ストイックに活動を続けてきた彼らの作品をもっとご覧になりたい方は、ぜひ元サイトをご覧になってみてはいかがでしょう。

文=(みあざきぱなま)
参照元:dailymail.co.uk(http://goo.gl/bXAgz),timnobleandsuewebster.com(http://goo.gl/r64DA

▼まだまだこんなにあるぞ!

▼BLOODY HAEMORRHAGING NARCISSUS

▼THE CRACK

▼Double Header Double Pleasure

▼The Original Sinners

▼Sunset over Manhattan

▼Instant Gratification

▼Kiss of Death

▼The Spikey Thing

▼Metal Fucking Rats

▼Dark Stuff

▼The Gamekeeper’s Gibbet

▼British Wildlife

▼HE/SHE, (Diptych)

▼Miss Understood & Mr Meanor