みなさーん、今日もつぶやいてますか?

今や日本の総ツイート数は、世界第2位。忙しい日々を送りながらも、人々がまめにつぶやきまくっているせいなのか、地球上で1日に発信されるツイートは、なんとおよそ2億にもなるそうです。

日々増加してゆくツイッター人口ですが、ツイッターユーザーを対象にしたある驚きの調査結果が、現在専門家の間で話題になっています。

海外サイト『dailymail.co.uk』によると、「ユーザーが読む価値があると思っているツイートは全体の36%しかない」ということ。しかも全体の25%のツイートにいたっては、嫌われてさえいることが判明したのです。

アメリカのカーネギーメロン大学とジョージア工科大学、そしてマサチューセッツ工科大学によって行われた今回の調査の内容は、「21000人がつぶやいた43738ものツイートを1500人のツイッターユーザーがどう捉えたか」、というもの。

すると、「情報としての価値がある」と感じられたツイートは全体の36%に留まり、25%は「良くも悪くもない情報」との評価が下されました。さらに別の25%にいたっては、極端に嫌われてさえいるという興味深い結果も。

嫌われているツイートの特徴としては、有名人や著名人同士のツイッター上でのケンカや、「今自分はここにいる」「何をしている」「こう思った」など、見ている人に関係のないごく個人的なことに関するつぶやきが挙げられています。研究者たちは、今回の調査結果をコンテンツフィルターなどに関連するサービスに活用することを視野に入れているようです。

ちなみに、「価値がある」とされているつぶやきに共通項はなく、また「価値がない」と判断されたつぶやきに関してもその理由は人によって様々。つまりツイートの価値は、個人的な感覚や考えによるものが大きいということ。必要な情報は十人十色、ってことなのですね。

1日2億回つぶやかれているうちの半分以上、つまり1億以上ものツイートは、「読む価値なし」と思われている。 しかも嫌われてさえいるなんて! でもよくよく考えて見たら、たしかに「○○なう」なんて報告、情報としての価値はないのかもしれません……そう思うとこの総数にもちょっぴり納得かも。

(文=田端あんじ)

参考元:dailymail.co.uk( http://goo.gl/HcAxJ