ワンちゃんには、かわいいコ、大きなコ、小さなコ、おバカなコ、毛深いコ、平均的なコまで様々なタイプのコがいますよね! 男子も実はワンちゃんのようなものです。ちょっと思い出してみて下さい。自分好みの男子に似たワンちゃんを飼っていた、という経験はありませんか。人は好きなタイプのワンちゃんや男子を、自然と引き寄せるものなのです。

海外サイト『College Candy』には、8タイプのワンちゃんの説明が紹介されています。あなたの彼や好きな男子はどのタイプに当てはまるかチェックしてみて!

1、ブルドッグ
具体的なイメージを挙げると、人気リアリティードラマ「Jersey Shore」に出たがりそうな、ちょっとイケている系の男子です。背が低めで、ずんぐりして、やたら積極的なタイプです。十分に訓練してあげることで、かわいげのある男子になれます。女子の腕次第です。

2、ゴールデンレトリバー
まさに親友にしたい男子がこのタイプ。滅多にいないほど忠実な男子です。最初は彼のことをかわいい男子だと思い、しばらくはデートを楽しむことになりますが、次第に変化が訪れます。徐々に男関係の話をすべて打ち明けられる存在となり、最終的には酔ったときに介抱してもらっても、安全だと思える男子に。男友達以外の何でもない、ということですね。

3、チワワ
最初は彼のことを「あぁ、なんてかわいい男子なんだろう」と感じられるものの、彼自身が次第にあなたなしではいられなくなります。こうなると厄介。「今夜何してるの?」「今どこにいるの?」などと、常に鬱陶しいことを言うようになるタイプです。

4、シベリアンハスキー
このタイプはステキな少年だといえるでしょう。彼自身、自分がセクシーだということを分かっています。彼は既に完璧なので、彼を愛することはできても、あなた自身が彼を手助けすることはできないので、ムズムズするかも。彼に関心を持たれると嬉しいですが、時に彼のエゴは邪魔になります。何しろ自分が世界で1番大好きなのですから。

5、コモンドール
見た目、寒がりっぽい男子です。大きな特徴として、すべての受け答えが「単語」であるか「それクールじゃん」など、比較的軽いことが多いようですよ。あなたがストレスが溜まっているときや、落ち込みつつも前向きに考えたいときに、一緒にいると良い相手です。ただ結構なヘビースモーカーである場合が多く、長く隣にいると受動喫煙がスゴそう。

6、バーニーズ・マウンテン・ドッグ
彼はかなり大きいです。また安全安心な男子で、温かく感じられることでしょう。ただ1つ懸念点を挙げると、なんと彼はよだれを垂らすことがあります。基本的にはかわいいのですが、彼がキスしてくるとき、プールに顔を浸けられた気分になりそうです。唾の量が相当多いのでしょう。

7、ドーベルマン
彼はまさにアスリートです。熱いボディ、自分のしていることへ誇りを持つ男子です。彼は競争率が高く、少し積極的にならなくてはいけないかも。もし彼と仲良くしていきたい場合は、関係性の維持に気を使う必要があるでしょう。

8、シェパード
このタイプは非常に忠実です。非常に愛してくれている、と感じることでしょう。あり余る忠誠心のせいか、あなたを少しでも弄ばれたと思ったら、彼はその相手を本気で追いかけるので、気を付けて下さい。保護と過保護の微妙なラインです。

よくよく見てみると、どのワンちゃんにもそれなりに長所と短所があるようです。誰でも同じですよね。ワンちゃん(彼)が少しイラッとすることをしても「ワンちゃんなのだから、かわいいもんだよね」と大目に見てあげれば、お互いハッピーな状態で暮らせそう。ただし「あなたはゴールデンレトリバータイプだよね」などとは、口が裂けても言わないように注意して。

(写真、文=池田園子

参照元:College Candy(http://goo.gl/P1NaZ