そのままでも、ミルクと一緒にジュースにしてもおいしいバナナ。バナナは朝食やおやつに最適な果物ですが、バナナの生産量世界第2位を誇るフィリピンでは煮たり揚げたりと、バナナは果物の枠を超えた食べ物といった印象です。

本日は旅先フィリピンで記者が見つけた世にも珍しい調味料「バナナ・ケチャップ」なるものをレビューしてみたいと思います。

このケチャップの原料はマッシュしたバナナ、砂糖、酢、スパイスと水。「バナナなのになぜ黄色くないの?」と疑問に思うことなかれ、このケチャップの赤みは着色料の赤なのです。ビンを軽く振り、ケチャップを出してみると、ぶるんぶるんの質感。ちょっぴり体に悪そうですが、勇気を出して味見してみることに。

化学調味料の味なのでしょうか、口に含んだ瞬間、添加物に敏感な記者の体がぶるっと震えました。通常のトマトケチャップよりも格段に甘く、この甘味はバナナ本来の甘さというよりは砂糖どっさりの甘さです。一緒に試食をした友人は、バナナっぽい味がすると言っていましたが、残念ながら記者にはバナナの風味は一切感じられませんでした。

また、フライドポテトにつけて食べてみたところ、「塩気と甘味が絶妙にマッチ……」という期待は見事に外れました。「なぜフィリピンの人たちは、この味が好きなの?」と疑問を感じずにはいられません。ポテトの次は、ホットドックにつけて試食のつもりでしたが、記者も友人もこれ以上舌を酷使するのは難しいと判断。

ところでこのバナナ・ケチャップはフィリピンの食卓には欠かせない調味料のひとつで、オムレツやホットドッグ、ソーセージなどにどっさりかけて食べます。ひょえ~。また、このケチャップはフィリピン風トマトスパゲティーを作る際にもなくてはならない存在です。元祖フィリピン風トマトスパゲティーが味わいたい人は、フィリピン最大手のハンバーガーチェーン「Jollibee(ジョリービー)」へ足を運んでみてください。大人から子どもまで、フィリピン人なら誰もが大好きな激甘ミートソースが味わえます。

ところで、なぜケチャップにバナナを入れてみようという発想になったのか、ちょっと気になりませんか? このケチャップ誕生のきっかけとなったのは第2次世界大戦。当時不足していたトマトの代替品として、豊富に手に入るバナナが起用されたのだそうです。ちなみにこのケチャップの値段は、320g入りのもので1本11ペソ(約21円)程度。

話のタネとして、あなたもフィリピンへ旅行の際には味わってみては? ちなみにフィリピン人移民や労働者の多く暮らすアメリカやイギリス、サウジアラビアや香港などでもバナナ・ケチャップは販売されているそうですよ。

(文・写真=横山ローズ)

▼左がトマトケチャップ、右がバナナ・ケチャップ。トマトケチャップの方が自然な色合い