上の写真をごらんください。まるで絵画のようにみえるこちらの正体は、なんと大聖堂の天井!

これからご覧いただく写真の数々は、写真家David Stephenson氏によって撮影されたもので、作品はすべて写真集『heavenly vaults: from romanesque to gothic in european architecture』におさめられています。ヨーロッパ各地にある大聖堂の天井を写したという作品は、どれも圧倒的な存在感を示しており、わたしたちは美しさと同時に、その威厳と歴史の重みを感じずにはいられません。

Stephenson氏は写真集の中で、80以上ものゴシック様式およびロマネスク様式で建てれた大聖堂を紹介しています。たとえば上の写真は、1707年にドイツに設立された教会、『St Ann’s Church』の天井。新ロマネスク様式のこちらの建物は、屋根の内側に従来の木造小屋組ではなく、石造ボールトを使用しているのが特徴です。

このようなかたちの建物は、壁の強度を保つため柱を太くしなければならなかったので、小さな窓しか設けることができませんでした。しかしその構造が功を奏したのでしょうか。広くなった壁に絵を描くというパターンが、教会において主流になったのだそう。

宗教建築において、側壁は地を、そして天井は天を象徴するものです。そのため、おそらくこれからご紹介する天井にも、ひとつひとつに深い意味が隠されているのでしょう。それではみなさま、ため息が出るほど美しい天井写真の数々を、じっくりとお楽しみください。

(文=田端あんじ)

参考元:davidstephensonart.com(http://goo.gl/TnBjg

▼Cologne Cathedral(ドイツ)

▼York Minster(イングランド)

▼Gloucester Cathedral(イングランド)

▼Sainte-Chappelle(フランス)

▼Chartres Cathedral(フランス)

▼Laon Cathedral(フランス)

▼Monreale Cathedral(イタリア)

▼Cologne Cathedral(ドイツ)

▼Lincoln Cathedral(イングランド)

▼Basilica of San Francesco d’Assisi(イタリア)

▼Santa Maria del Mar(スペイン)

▼写真集の表紙です