最近、いろんなところで「ノンシリコンシャンプー」という名前を耳にしませんか? 

夏になって抜け毛が気になる記者は、髪に良いシャンプーを使ってみようかと思い立ちましたが、どれを選べば良いかさっぱりわかりません! 今話題の「ノンシリコンシャンプー」を手に取るも、「シリコン? おっぱいを大きくするやつ? シャンプーとどんな関係?」なんて思ってしまって、良いところがいまいちわからず。

きっと記者と同じ疑問を持つシャンプー音痴なかたも、きっとたくさんいるはず!

ということで、シャンプー会社の人にお話を伺ってきました。教えてくれたのは、様々なシャンプーを開発しているシャンプーメーカーの(株)プラティコの白石崇さん。記者の疑問をガシガシぶつけてみましたよ!

記者:さっそくですが、ノンシリコンシャンプーって何ですか?

白石社長(以下、白石):シリコンが入っていないシャンプーです。シャンプー容器の裏の成分一覧に、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉がつく成分が入っているシャンプーは、すべてシリコンシャンプーです。

記者:シリコンって、美容整形などでおっぱいとかに入れる……

白石:豊胸で使用するシリコンとは違います! シリコンは作られ方によってオイルのように使われたり、ゴムのように使われたりと、様々な用途に使われています。シャンプーに入っているシリコンは、化粧品にもよく使われているタイプのシリコンで、髪を洗うときに指通りを良くするものなのです。

記者:シャンプーなのに指通りですか? トリートメントではなくて?

白石:そうなんです! そして、シリコンはコーティング剤の一種ですから髪に皮膜を作るという性質があります。そこを指摘して、「シャンプーは汚れを落とすのが一番大切な役割なのに、コーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くないよね」という発想で、今「ノンシリコンシャンプー」が注目されています。

記者:そうなんですね。でも、なぜそもそもコーティング剤をシャンプーに入れているんですか?

白石:それは、洗浄成分に理由があります。洗浄成分には、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系、ベタイン系など、さまざまな種類があり、それらの洗浄成分を用途により、組み合わせて使用します。そのなかでも、高級アルコール系のラウレス硫酸という洗浄成分が、少量でもよく泡立ち、とにかく安価なので、低価格のシャンプーにはたくさんの量が配合されます。

記者:硫酸……。体に悪そうですね。

白石:まあ、理科の実験で使ったような「硫酸」をかぶるのとは違うので安心してください。しかし、「硫酸」とつくだけあって洗浄力が強く、髪や頭皮の汚れは落ちるけれど、洗っているときに指が髪に絡んだり、洗った後もギシギシして使用感が悪かったり、という問題が起こります。そこで、シリコンを入れることが多いのです。

記者:ラウレス硫酸の洗浄成分が強すぎてギシギシしちゃうから、シリコンを入れて指通りをよくしているわけですね。でも、化粧品にも使われているなら、シリコンはそれほど体に悪いものではないんじゃないですか?

白石:その通りです。シリコンは、実は安全性はとても高いのです。しかし、シリコンは、今、とても悪いもののような扱いをされています。

記者:よく「シリコンが頭皮にはりついて毛穴が詰まる」とか「頭皮に悪影響」とかと聞きますよね。それで抜け毛が増えるのかと私は思ったのですが……。

白石:「シリコンシャンプーによって毛穴が詰まる」、「頭皮に悪影響がある」というのは嘘だと私は考えています。シャンプーは、基本的には洗い流すものですし、頭皮もターンオーバー(表皮の新陳代謝のこと)ではがれていくものです。

また、髪の毛は0.3〜0.5ミリずつ毎日少しずつ伸びていくものですので、万が一毛穴に詰まったとしても髪の毛と一緒に押し出されますし、毛穴からは皮脂も分泌されるので、皮脂と一緒に毛穴に詰まったシリコンも排出されます。

記者:そうなのですね。では、シリコンはまったく悪いものではないのですか?

白石:悪いものかどうかは、その人によると思いますが、少なくともシャンプーには必要ないと思います。少しシャンプーの値段は高くなりますが、アミノ酸系やベタイン系などのマイルドな洗浄成分を中心にうまく組み合われば、十分洗浄力があり、指通りの良いシャンプーも作れるからです。現に、美容室で販売しているプロ用のシャンプーにシリコンはほとんど入っていないのです。

記者:確かに、ギシギシするほど強力なもので洗わなくてもいいものね。でも、白石さん、さっき「少なくともシャンプーには」とおっしゃいましたよね。トリートメントに関しては、入っていたほうが良いということですか?

白石:そこなんです! トリートメントにシリコンが入っているものを使った方がいいかは、その人の髪質によると私は考えているのです。

記者:「シリコンが髪に与える影響」が、髪質に合うか合わないかで選ぶ、ということですね。では、シリコンは髪にどんな影響を与えるのですか。

白石:先ほど言ったように、シリコンは髪の毛に皮膜を作るので、ツヤが出て、サラサラとした指通りになり、髪が皮膜で少し重くなる分、落ち着くという効果があります。それに、その皮膜によってパーマ液やカラー剤が少しだけ浸透しにくくなります。

記者:つまり、たとえカラー剤やパーマ液が多少浸透しにくくても、髪の落ち着きと、ツヤとかサラサラした指通りにしたいという人は、シリコン入りのトリートメントが良いということですね。

白石:そうです。逆に、髪の毛が細くてボリュームを出したい人には、シリコンが入っていないトリートメントのほうがおすすめです。シリコンの皮膜がなくなるので、髪が軽くなり、根元からふわっと立ち上がってボリュームが出ます。

記者:そうなのですね。記者は髪が少ないので、ノンシリコンのトリートメントを使わなくちゃ。さっそくノンシリコンシャンプーとトリートメントのセットを買うことにします。

白石:あ、ちょっと待ってください。実は、そこに落とし穴があります!!

記者:えっ! どんな落とし穴ですか?

白石:実は、今、世の中に出回っている「ノンシリコンシャンプー」をうたった商品には、「シャンプーはノンシリコン、でもトリートメントはシリコンがたっぷり」といったものが驚くほど多いのです。

記者:えーそうなんですか!? せっかくノンシリコンのものを使おうとしているのに、なんだか騙されているような感じですね。トリートメントにもシリコンが含まれていないかは、どうやって判断すればいいのですか?

白石:シャンプーやトリートメントの裏の成分表示は、使用している成分をすべて書かなくてはいけないということになっています。ですので、裏の成分表示にジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランというものがつく成分が含まれないものは、シリコンを使っていない商品だとわかります。

記者:わかりました! うっかり騙されて、ノンシリコンシャンプーを買って髪の毛のボリュームを出そうと思ったのに、なんの意味もなくなるところでした。「シャンプーはノンシリコン、でもトリートメントはシリコンがたっぷり」に騙されないようにすることが大事ですね! 貴重なお話、どうもありがとうございました。

【まとめ】
● ノンシリコンシャンプーをうたいながら、トリートメントにシリコンがたっぷり入っている商品があるので注意!
● シリコンが入っている商品は、容器の裏の成分一覧に、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉がつく成分を使用している。
● シリコンのせいで「頭皮に悪影響、毛穴が詰まる」はウソ!
● シャンプーにシリコンは必要ない。
● シリコンのコーティングでツヤを出し、サラサラとした指通りにし、髪を落ち着かせたい人はシリコン入りのトリートメント、髪の毛が細くて根元からボリュームを出したい人はノンシリコンのトリートメントと使い分ける方が良い。

いかがでしたか? 記者は髪の毛が少なめなので、トリートメントにもシリコンが入っていないものを選ぼうと思いました。同じようにノンシリコンのものを使いたいみなさん、「シャンプーはノンシリコン、でもトリートメントはシリコンがたっぷり」の商品に騙されないよう、お気をつけ下さい!!

(取材、文=山川ほたる)

取材協力、写真提要=株式会社プラティコ 白石崇さん(http://pratico-henna.jp/