shark1

冷えは女性の大敵。特に、全身に不調をきたすこともある足元の冷えには要注意。とはいえ、オフィスでずっと座っていると、足元がヒンヤリしてきます。そんなときに重宝するのは、やっぱり靴下! “冷えは足元から” だけど、“おしゃれも足元から” だから、どうせならかわいい靴下をはきたいですぅ~。

そんなあなたにオススメの靴下を発見いたしました。その名も「Shark Week(シャーク・ウィーク)」。ニット編みの靴下なのですが、履くとサメが足を食べているみたいに見えちゃうんです。「うわ、夢野さんの足、サメに食べられてるよ!」と、あわよくばイケメン社員から声をかけられるかもしれないと妄想が大暴走してしまうかわいさです。

片方のサメはすでに足首のところあたりまでガブリといっちゃってまして、太もものあたりも食べてやろうかと目論んでいるようです。もう片方のサメは、ほとんどあなたの体を食べちゃったあとみたいで、残すは足の指のみ。

ギザギザのキバ、とがった背びれなんかもちゃんとニット編みで表現されています。サメの口元の赤いビーズは、タラリと流れるあなたの血……怖い! マジックテープで好きなところにペタッとくっつけられる、小さなコバンザメも付いています。 価格は40ドル(約3700円)。

この靴下は、米ニューヨーク州ロングアイランドに住むリサ・グロスマンさんがデザインしたもの。グロスマンさんはニューヨーク・タイムズ紙などで記者をする傍ら、ニット作品を作っています。

グロスマンさんがニット編みに興味を持ったのは、幼いころ。編み物をするお母さんの膝の上に座り、作業する様子をじっと見ているうちに編み方を覚えたとか。彼女は自身のウェブサイト「The Tsarina of Tsocks」の中で、「1年6カ月ほど構想を練って、この靴下を完成させたの。あなたの足をパクッと食べてしまうわよ!」とつづっています。

shark2

(文=夢野うさぎ

参照元:tsocktsarina.com(http://goo.gl/BVAzH

▼ぎゃあ! 足の指を食べられちゃう~!!
shark3

▼なんとコバンザメもくっついているんです!
shark4