ba1

これからみなさんにご覧いただくのは、海外サイト『mymodernmet.com』に掲載されていた、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのような、非常に幻想的な光景です。

イギリス北西部にある、TattonPark。日本庭園をも有する広大な敷地を誇るこちらの公園に設置されたのは、なんと風船で浮かぶ橋。3つの巨大バルーン、その力によって池の上に脈絡なく浮かぶ橋……コレってそのまんま、宮崎駿さんの映画の世界みたい!

『Pont de Singe(意味:猿の橋)』と名付けられたこちらのオブジェは、フランス・マルセイユに拠点を置くアーティストOliver Grossetêteさんが製作したもの。隔年ごとに行事を行うTattonParkが今年掲げたテーマは、「飛行」。『Pont de Singe』は、このテーマを元に生まれたのだそうです。

ヘリウムガスの浮力のみによって浮かぶ橋はもちろん、実際に渡ることはできません。しかしGrossetêteさん曰く、理論的には人1人程度ならば支えるだけの強度はある、とのこと。そう聞くと、ちょっぴり怖いけど、試してみたくなっちゃいますよね。

「何気ない日常の中に、詩や夢を感じさせるものを作るよう心がけています」と話す、Grossetêteさん。この言葉どおり、夢に満ち溢れた作品『Pont de Singe』。橋の先に続く世界までも想像せずにはいられなくなる、想像力を刺激する逸品です。

(文=田端あんじ)

参考元:mymodernmet.com( http://goo.gl/gKq9E

▼ラピュタに出てきそう……

ba2

ba3

ba4

ba5

oliviergrossetetepontdesinge6