travel

日本を飛び出し、異国の地へと飛び込む海外旅行。様々な発見と感動をもたらしてくれる海外旅行は実に魅力的で、一度は海外旅行してみたい、もしくはもう一度海外旅行に行きたいと思っている方はきっとたくさんいらっしゃることでしょう。

それでは、どうしたら海外旅行をより楽しめるのでしょうか? 一人で行った方が楽しめるや、あらかじめ行く場所を決めておいた方がいいなど、人それぞれこだわりがあると思いますが、私は海外旅行を楽しむための「2つのポイント」をご紹介したいと思います。

これまで留学や旅行でいろんな国を訪れましたが、この2つのポイントを実践できた国はもれなく、非常に楽しむことができました。ですので、今度海外へ旅行に行かれる時は、これから紹介する2つのポイントをぜひ参考にしてみて下さい!

【ポイント1 その国の言語を勉強する】
まず1つめのポイントは、その国の言語を少しでもいいので学んでから行くということです。確かにジェスチャーや簡単な英語で、現地の人と意思疎通はできるかもしれません。しかし相手の国の言葉を話すことには、とても大きなメリットがあるのです。それは「自分はあなたの国・文化に興味がありますよ!」と伝えられることです。

アメリカ留学である程度英語が話せるようになった私でも、日本でアメリカ人から英語で道を聞かれるよりも、日本語で話しかけられた方が「相手を助けたい!」という気持ちになります。なぜなら、日本語を話そうとしてくれるアメリカ人からは「日本を知りたい」という気持ちが強く伝わってくるからです。

以前、日本でフランス語を教えているフランス人教師の方がこんなことをおっしゃっていました。

「フランス人の心は冷たいですけど、でもその氷の奥には温かい心があります。その温かい心を開いてもらうには、やっぱりあいさつですね。Bonjour(ボンジュール「こんにちは」)とか、Merci(メルシー「ありがとう」)とか、s’il vous plaît(シルブプレ「~して下さい」)とかそういう言葉ひとつで、相手のフランス人の心も随分変わってきます」

つまり相手の国の言葉を話すということは、自分が相手に歩み寄ろうと示すとても大切な信号なのです。そしてその相手を理解しようとする気持ちには、ほとんどの現地の人が温かく応えてくれます。ですので海外旅行に行く際は、コミュニケーションの潤滑油として、ぜひ旅行先の国の言葉を学んでから行ってみて下さい!

【ポイント2 その国の友達を作る】
2つめのポイントは、その国の友達を作るということです。えっ? その国にまだ行ってもいないのに、どうしたら現地の友達が作れるのかって? あるじゃないですか! 現地に行かなくても、友達を作る方法が!

そう、それはFacebookやTwitterなどのSNSを使った友達作りです。確かにインターネット上だけのつながりなので、騙されやしないかという不安があるのは事実です。しかし長期間かけて言葉を交わしていけば、その人が信用に値する人なのかきっと分かってくるはずです。

現に私はFacebookで知り合い、長い時間をかけて信頼関係を築いた外国の方に現地を案内してもらったことがあります。その時は、本当に楽しい時間を過ごすことができました。ガイドブックには載っていないおいしい地元のレストランや、現地の人しか知らない絶景スポットに案内してくれて、それはもう大、大、大満足の海外旅行でした。

しかしその国の友達を持つ一番の利点は、他にあります。その最大の利点とは、現地の他の友達を紹介してくれることです。その国について知るには、現地のおいしい食べ物をたくさん食べればいいとか、美しい観光名所をたくさん巡ればいいとかというわけではありません。その国の人たちとたくさん出会い、そして言葉を交わすことが一番の理解につながると私は思っています。

ですので、人の輪を広げてくれる現地の友達は、相手の国の文化を理解する上でとてつもなく重要な存在なのです。

どうでしたでしょうか? 自分の経験から学んだ海外旅行の2つの楽しみ方、参考になったでしょうか? 海外旅行には盗難やぼったくりなど、もちろんいろんな危険が潜んでいます。

しかしそれ以上にたくさんの感動と興奮があるからこそ、海外旅行は楽しい! そしてその楽しい思いができるかどうかは、みなさんの心構えと準備次第なのです! それでは、みなさんのこれからの海外旅行が最高のものとなることを心から願っています♪

画像:flickr/Steven | Alan
(文=パン太)