mahuken1

マフラーは寒い季節の必須アイテムです。くるりと首に巻くのはもちろん、座っているときはひざ掛けにしたり、ストール代わりに肩にかけたりといろいろ使えて便利。さまざまな種類があるし、巻き方もいろいろなので、自分なりに工夫するのが楽しいですよね♪

だけど、マフラーを巻いたとき、その中にしまい込まれる髪の毛にはあんまり注目したことがないんじゃあないかしら? 「マフラーしまい髪研究所」は、そのマフラーにしまわれた髪の毛について考察するサイト。なんだかマニアックだけれど、おもしろそう!

同サイトを見ると、実にさまざまな「マフラーしまい髪」があるみたい。タイプを分類して、それぞれに「みだれ髪」や「貞子スタイル」、「スクリュードライバー」といった名前が付けられています。「マフラーしまい髪」への熱意が感じられますな!

すべての髪の毛がマフラーにしまい込まれているのは「花蕾」というネーミング。「ストレートにマフラーに向かって落ちていく髪の純粋さ、森の中をかきわけて進んだ時に出会う小さな滝のような清冽さ、を味わうべき」(同サイトより引用)とのことで、可憐でピュアなイメージです。

ちなみに、Pouchオリジナルの「夢野巻」にはくれぐれもご注意あれ。間違えて「夢野巻」をしてしまった女性は、絶望的にモテなくなるとのウワサですぞ……ふふふ。

(文=夢野うさぎ
参照元:マフラーしまい髪研究所

▼みだれ髪

mahuken2

▼貞子スタイル

mahuken3

▼スクリュードライバー

mahuken4

▼ヘビ女

mahuken5

▼はみだしまい

mahuken6

▼天使の忘れもの

mahuken7

▼コートしまい髪

mahuken8

▼しだれ桜

mahuken9

▼ツインテール

mahuken10

▼ラルクアンシエル

mahuken11

▼ティモテ

mahuken12

▼エアポケット

mahuken13

▼花蕾

mahuken14

▼おまけ……Pouchオリジナル「夢野巻」。この巻き方をすると絶望的にモテないらしいぞ!

mafuken15