これまで幾度となく当サイトで取り上げてきた、「もしもディズニープリンセスたちが○○だったら」シリーズ。

でも、いつもいつもプリンセスをフィーチャーしてばかりじゃあ、つまらないよねっ。というわけで今回は珍しく、男性キャラクターたちにスポットを当ててみましたよ!

ご紹介するのは、「もしもディズニーアニメの男性キャラクターにヒゲがあったらorなかったら」。同作品を手掛けたのは、イラストレーターのAnnie Erskineさんです。

元々ヒゲのあるキャラクターからはヒゲを一切排除し、ヒゲのなかったキャラクターにはヒゲを描き足す。たったそれだけで、大きく印象が変わるから不思議。

例えば元々ヒゲのある『リトル・マーメイド』のトリトン王ならば、ヒゲがなくなると同時に、王としての威厳までもが薄れてしまうという結果に。一方元々ヒゲのない『アラジン』のアラジンは、一気にワイルドな魅力が倍増。と言った具合に、一瞬誰なのか判別できないほど、そのビフォーアフターは衝撃的なのであります。

全員に唯一、共通して言えることは、「ヒゲがあるほうが年齢が上に見える」という点。この要素がプラスになるかマイナスになるかは、その人のキャラによるところが大きいでしょう。やはり王様にはヒゲがあったほうがいいし、王子様たちにはスッキリとヒゲを剃ったお姿でプリンセスと対峙して欲しい、ってな具合に、ね。

「ヒゲのあるなしで男性の印象は大きく変わる」ことがよ~くわかる、同作品。さてアナタは、ヒゲありヒゲなし、どちらのバージョンの男性キャラクターがお好みですか?

(文=田端あんじ)

参考元:Imgur