diet

美を追求し続ける女性たちにとって、ダイエットはもはや、永遠のテーマ。特に30歳過ぎると、驚くほど痩せにくくなるんだよぉっ。20代のみなさんはそこんとこ、今からしっかりと、頭に入れとくように!

さてそんなわけで、美しいボディーラインを保つためには切っても切れないのが、ダイエットとの縁。毎年色々なダイエットが流行るけれど、今年2014年は一体、どんなダイエットが流行るの!? 

そんな疑問に答えてくれたのが、海外サイト『Mail Online』に掲載された記事。

今年注目されるであろうダイエットを、『U.S.News&WORLD REPORT』のデータを元に、ランキング方式でずらりと掲載しております。その中から本日は、とっても気になるべスト3をご紹介。ちなみに3位には、同率で3種類のダイエットがランクインしてるよっ。

1位 DASHダイエット
「DASH」とは、「高血圧を治すための食事療法(Dietary Approaches to Stop Hypertension)」の略。決して走る、という意味ではありません。肉類や乳製品などに含まれる飽和脂肪酸の摂取を減らし、コレステロールなどの脂肪摂取量にも気をつける。フルーツ・野菜・全粉の穀物・豆類・ナッツ・魚・鶏肉・脂肪ゼロの乳製品らを中心とした食生活を心掛け、砂糖と赤身の肉、塩分は極力避ける。これが、同ダイエットの大まかな内容です。

2位 TLCダイエット
「TLC」とは、「健康回復に効果的なライフスタイルダイエット(Therapeutic Lifestyle Diet)」の略。心臓周りの血管に負担をかけないようにする食事療法からヒントを得たダイエットです。基本的には「1日の摂取カロリーを男性は2500キロカロリー、女性は1800キロカロリー内に抑える」「揚げもの・乳製品・加工された肉食品(ベーコンやソーセージなど)を避ける」、以上を守ればいいみたい。これで悪玉コレステロール値が下がり、そのまま安定するのだそう。

同率3位 メイヨークリニックダイエット
米総合病院「メイヨークリニック」が、第二次世界大戦中に同国陸軍航空軍のため提唱した、高速で安全なダイエット法がこちら。「国立病院ダイエット」と酷似しているものの、メニュー内容がやや異なります。要は1日3食、決められたメニューの食事を2週間続ける、食事制限をメインとしたダイエット法で、かつてはあの英サッチャー元首相もトライしたことがあるのだとか。

同率3位 地中海式ダイエット
「オリーブオイル・穀物・豆・野菜・果物は毎日、積極的に摂る」「魚介類と鶏肉、低脂肪の乳製品も毎日摂る」「甘味は果物や蜂蜜で摂り、ワインは1日1~2杯を目安に」「鶏以外の肉は脂肪を除き、赤身のみを食べる(月に数回)」「甘味や卵は、週に数回」「毎日運動」これらをしっかり守り、またゆっくりと時間をかけて食事をするのがポイントのようです。

同率3位 ウェイト・ウォッチャーズ・ダイエット
1960年代に創設されたウェイト・ウォッチャーズ社が提供するダイエットプログラムのことで、海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』でミランダが産後太り解消に行っていたことでも知られているダイエット法が、こちら。

「コアプラン」「フレックスプラン」の2パターンがあり、端的に言うと前者が「リストに指定された食物だけを好きなだけ(腹八分目を超えない程度)食べても良い」プラン、後者が「食べても良い食物に際限は無い代わりに、カロリーなどを記録して指定以内の一日の許容量(ポイント)を摂取する」プラン。砂糖やアルコールはNG、野菜中心の食生活など、食事内容は他のダイエットとそれほど差異はありません。

ふむ、こうしてみると、どれもこれも「ダイエット」というよりは、「食事療法」に近い印象ですね。結局は、健康体になれば自然と痩せる、ということなのかしら。

薄着の季節が来る前に、年末年始についてしまったお肉を消し去りたい! そんなあなたはぜひ、上記いずれかのダイエットに、トライしてみてはいかがでしょうか。今からなら余裕で間に合うはず、というわけでみなさま、健闘を祈ります!

(文=田端あんじ)

参考元:Mail Online