hemp-seed-heart-TS-152948106-628

「ヘンプシード」と聞いてピンとくる方は少ないかもしれないけれど、「麻の実」と聞けば、きっと耳馴染みがあるのでは? そうです、ご存知「七味唐辛子」に入っている、あの比較的大きな実、あれが麻の実でございます。

その麻の実を英語にしたのがヘンプシード、本日はこのヘンプシードから抽出された油「ヘンプシードオイル」に秘められた驚くべき効能の数々を、みなさまにお伝えすることにいたしましょう。

海外サイト『Prevention』が報じるところによると、「ヘンプシードオイル」には、血圧を下げる・心臓病を予防する・ガンのリスクを減らすなどなど、驚くべき健康効果があるのだそう。

「麻の実にはビタミンA・C、抗酸化物質のビタミンE、そして繊維など、ありとあらゆる栄養素が豊富に含まれている」と話すのは、ヘンプシードオイルの研究を進めているスペイン・セビリャ大学のアンへレス・フェルナンデス博士。

中でも9種類の必須アミノ酸がすべて含まれているのは特筆すべき点であり、これらが吸収されやすいところもまた、非常に魅力的なポイントです。

またヘンプシードオイルには、「オメガ3」「オメガ6」などの不飽和脂肪酸も豊富に含まれており、この点が心臓疾患や炎症、ガンなどのリスクを軽減。またコレステロール値の低下などにも、一役買っているみたい。へええ、なんかもうここまでくると、完璧すぎて隙ナシってかんじね!

実は記者自身も、ヘンプシードオイルを10年に渡って愛用中。特に健康効果を狙っていたわけではなく、ただ単に「美味しい」から食べていただけなのですが、風邪もさほどひかない上、大病知らずでここまで生きてこれたのはそのおかげなのかしら?

ちなみに記者的おススメの品は、『マニトバ ハーベスト(Manitoba Harvest)』のヘンプシードオイル。濃厚なコクといい、ナッツや豆類を思わせる香り、そして味の奥行きといい、とにかく他では味わえない美味しさなの。

何社か試してみたけれど、やっぱりココのが1番。同社で扱っているヘンプシードバターもまた絶品なので、ぜひそちらも合わせて使っていただきたいところ。食べ方はシンプルに、パンにつけて食べる、コレが1番のお気に入りです。

ただし残念ながら同品、現在なかなか手に入るお店が少なくなってしまったので、次点でおススメなのは『ヘンプキッチン』の『有機 麻の実油』。こちらもかなり、美味ですぞ。

そして最後に、気をつけなければならない注意点を、ひとつ。それは、「ヘンプシードオイルに熱は厳禁」という点! なぜなら40度以上の熱を加えると、せっかくの不飽和脂肪酸が変質してしまうのです。てなわけで、食べる際にはこのこと、よ~く頭に入れておいてくださいねっ。

参考元:Prevention
執筆=田端あんじ (c)Pouch