kidsroom8
みなさんは小さい頃、どんな子供部屋で過ごしていましたか? 記者の場合は自分の部屋をもらえるだけで御の字だったので、インテリアなんて考えたこともなかったけれど、もしかして子供部屋って、子供の人格を形成する重要な要素の一つになっているのかもしれません。

というわけで本日は海外サイト「VIRALNOVA」から、「もしもこんな部屋で幼少期を過ごしていたら、自分の人生、何かが違っていたかもしれない!!」との意見が続出中のアートな子供部屋コーディネート集をご紹介します。

海の底から宇宙まで、幅広い題材をモチーフにしたコーディネートの数々。日本の住宅事情では、なかなかこんな子供部屋を用意してあげることは出来ませんが、机周りや部屋の片隅なんかにちょこちょこっと使えそうなアイディアが随所にみられるので要チェックです。

では、部屋にいるだけでどんどん想像力が膨らんでいきそうな、夢のあるラインナップをお楽しみください。

1) マザーグースに出てくる農場を再現。こんな部屋なら早起きだってできちゃうかも。
kidsroom1.5

2) 海底に沈む壊れたボート。部屋のライトもばっちり船舶系。
kidsroom2.5

3) 地震だって怖くない。どっしりとして安定感のある二段ベッド。
kidsroom3.5

4) 中古車の荷台をベッドに。
kidsroom4.5

5) 部屋いっぱいに広がる宇宙空間。
kidsroom5

6)  天井から吊るされたバケツは、ロフトとの連絡輸送手段。
kidsroom6

7)  ジャングル仕様の部屋には、吊り輪とブランコも。
kidsroom7

8) ポップな原色系で統一。ランプシェードの雲がキュートね。
kidsroom8

9) 小さな森の中にいるような温かい雰囲気。
kidsroom9

10) アラビアンなベッドで語り合うのはアラジン好きの姉弟。
kidsroom10

11) 白とパステル系を基調にした光あふれるベッドルーム。うちのリビングより広いわ……
kidsroom11

12) ベッドから伸びるのは階段ではなく滑り台。これ、テンションあがるでしょう!!
kidsroom12

13) 南の島のバンガローハウス。この階段で夕日を眺めながらビールを……じゃなくてジュースを飲みたい。
kidsroom13

14) 大きな切り株の中にはピンクのソファ♪
kidsroom14

15) まるで水族館の中にいるよう。壁一面には大好きな魚たち。
kidsroom15

16) 大きなドールハウスのようなベッド。こんなベッドで眠ったら、お人形気分に浸れちゃう。
kidsroom16

17) コンセプトは海賊。吊り橋まであるのだ。
kidsroom17

18) 壁を突き破ってトラックが子供部屋に侵入!! トラック好きの子供にはたまらない設定。
kidsroom18

19) 森の隠れ家のような部屋には、「ガールズ禁制」の文字が。ここは男の世界なのだ。
kidsroom19

20) 天井に描かれた木の枝からは本物のブランコが!
kidsroom20

21) サンドバックもバスケットゴールもあるのに、なぜかシックで大人な雰囲気。
kidsroom21

22) 黄緑色と黄色で揃えたビビッドな部屋。気分は若葉マーク。
kidsroom22

23) ロフトへ続く階段の下には収納がたっぷりで、かなり実用的。
kidsroom23

24) ハンモックチェアや、キュートな鹿の角のようなデザインのはしご。リラックス感いっぱい。
kidsroom24

25) ロフト状の隠れ家スペース。ホームメード感がありすぎて、ロフトごと落下しないかちょっと心配。
kidsroom25

26) ホールドと呼ばれるロッククライミングの足場をつけて、ポップでアクティブな部屋に。 kidsroom26

27) 海底の沈没船がベッドに。壁一面の深いブルーの海と、天井に描かれた太陽の光がステキ。
kidsroom27

28) お花をモチーフにしたレトロ調の部屋。階段のライトがアクセントに。
kidsroom28

29) 赤・青・白を基調にしたヨットハウスのようなコーディネート。
kidsroom29

30) 部屋の周囲をグルリと囲むソファの下に、たくさんの玩具を見事に収納。
kidsroom30

31) 壁一面に張られたバスケットボールの絵。寝ても覚めてもバスケなんだろうなぁ。
kidsroom31

32) 大きな木と白いカーテン。淡いライト。妖精が住んでいそうな空間。
kidsroom32

以上32点、いかがでしたか? 今回ご紹介したお部屋は、時間と根気さえあれば作れてしまいそうなハンドメイドなコーディネートばかり。子供部屋に限らず、大人のベッドルームやリビングにも少し細工をして、遊び心を加えてみてはいかがでしょうか。

参照元=VIRALNOVA
執筆=中野麦子(c)Pouch