1404spring01
乾燥する季節といえば、思い浮かべるのは冬ですよね。記者も冬の間、「ご趣味は?」と聞かれたら「保湿です」と答えるレベルで乾燥対策に必死になっておりました。最近ようやく暖かくなってきたので、そろそろ一安心かな……と思いきや! 春になったからといって油断してはイケナイらしいのです!!

春先は、急激な気温の変化や花粉、徐々に強くなっていく紫外線の影響などで、思いのほか肌や体へのダメージが強い季節。この時期、乾燥や肌荒れに悩む人は意外と多いんですって。そういえば肌がちょっぴりカサカサしてるし、髪の毛もパサついているし、心も若干ささくれ立ってるかも……いや〜ん! どないしたらええの〜!!

そんなお悩みを解消してくれそうな食材が、海外サイト「BAZAAR」で紹介されていました! 栄養豊富で、抗酸化作用、デトックス効果などが期待できる優秀食材がズラリ。おいしく食べてお肌も髪もツヤツヤになれば、心まで潤っちゃう……かもしんない!!

1. いちご

春といえば、いちごの季節。店頭に並ぶ真っ赤ないちごを見ているだけでも元気が出そうですが、いちごにはビタミンCがたっぷり含まれていて、抗酸化物質も豊富。お肌の健康と美しさを引き出してくれます。

2. ルッコラ

イタリア料理のサラダなどでよく見かける緑黄色野菜。抗菌作用や血液をきれいにする効果があり、骨の形成を助けます。クロロフィルも豊富に含まれていて、気持ちをシャキッとさせてくれる効果もあるそうですよ。

3. レモン

温かいレモン水を毎朝一杯飲むことでデトックス効果が期待でき、肝臓をきれいにしてくれるんですって! 肉や魚など酸性の食材をよく食べる現代人は、アルカリ性のレモンを積極的に摂ったほうが良いとのこと。

4. アボカド

「うるうるツヤツヤ」を求めるなら、良質な脂肪がたっぷりのアボカド! デトックス効果も期待できる上に、発がん性物質を抑えて肝機能の働きを助ける「グルタチオン」という成分が含まれています。まさにスーパーフード!

5. ケール

ケールは「青汁」の主原料としてよく知られる野菜です。食物繊維、葉酸、カルシウム、マグネシウム、鉄分、オメガ3脂肪酸などを豊富に含み、骨を強くし、血栓を防ぎ、解毒作用があり、抗癌作用もあり……ってどんだけ優秀なの

6. ほうれん草

ほうれん草といえば「鉄分」を思い浮かべますが、抗酸化作用、抗炎症作用があり、心臓や骨の健康にも効果が期待できます。手軽に買えて、いつでも食事に取り入れられるところもポイント高いですよね。

7. チアシード

日本ではまだあまりなじみがないチアシードですが、南米原産の花(サルビア属)の種で、水につけるとぷるぷるのゼリー状になる不思議な食材です。水溶性の食物繊維やオメガ3脂肪酸、プロテインなどがたっぷり含まれています。

8. バジル

さわやかな香りのバジル。抗酸化物質が多く含まれ、抗炎症作用があるほか、カルシウムや鉄分も豊富で心臓や骨を強くしてくれるのだそう。体内でビタミンAに変化するβカロテンは、細胞や染色体をダメージから守ってくれます。

9. コリアンダー

コリアンダー、日本では「香草」「パクチー」としても知られています。エスニック料理によく登場するハーブですね。ビタミンCが豊富で、発汗作用・利尿作用があり、体内の毒素を効果的に排出してくれるスグレモノです。

10. パセリ

彩りとして「添えてあるだけ」のイメージが強いパセリですが、クロロフィルが豊富で解毒・整腸作用があり、口臭予防にかなり効果的なのだとか! ジュースにしたり、炒めたりして、ある程度の量を摂取することが望ましいようです。

11. キャベツ

キャベツは消化を助け、腸を整えてくれます。少し胃の調子が悪いかな〜というときも、キャベツを摂ると効果があるそうですよ。赤キャベツには、普通のキャベツに比べてより多くのビタミンCが含まれているんですって。

12. ニンジン

ニンジンは、代表的な緑黄色野菜のひとつで、体の調子を整えてくれる大切な栄養素をたっぷりと含んでいます。ビタミンCやβカロチンが、視力や歯、骨などを強くし、お肌もツヤツヤにしてくれますよ!

13. ウコン

もはや悪酔い防止の代名詞ともいえるウコン。実は抗炎症作用に優れていて、筋肉痛などを和らげる働きがあるのだとか。生のウコンを食べる機会は少ないですが、生姜と同じように、少量をすりおろして料理に使うそうです。

以上、13食材をご紹介しました!「体に良いものを食べる」って、それだけでなんだかちょっと元気が湧いてくるような気がしますよね。入手しやすい食材やそうでないもの、さまざまですが、頭の片隅にこのリストを置いておけば、日々の買い物や外食時のメニュー選びに役に立ってくれること間違いなし! おいしく食べて、ピカピカの春を過ごしましょう♪

参照元:BAZAAR
執筆=森本マリ (c)Pouch