dietcoc
新しい部署に異動したら歓送迎会に誘われた! あ、週末はバーベキューの予定が入ってる! そういえば近々、友達の家で飲み会しようって話も出てるっけ……。

そう。春って一年のうちでもお酒のお誘いが多くなる時期ですよね。ダイエッターにとってはまさに危機的状況! なんとか誘いを断らずしてお酒を楽しむ方法はないものか……?

そんな皆さんに、今回は海外サイト「BAZAAR」に載っていた「おいしくて低カロリーなカクテル5種」をご紹介いたします! ジュースやコーラ、シロップなどがよく使われているカクテル、いったい何を飲めばカロリー摂取を抑えられるんでしょうか!?

1、ブラッディマリー
1杯たったの125キロカロリー! しかもトマトジュースがビタミンとミネラルを補給してくれ、セロリで食物繊維を摂ることができます。

2、ギムレット
ジン、またはウォッカにライムジュースを混ぜて作るカクテル。砂糖やガムシロップで甘味をつけることもあるけれど、ダイエッターならライムジュースにとどめてドライな味わいを楽しむのが正解!

3、マルガリータ
テキーラにライムジュースとコアントロー、ソーダを入れて作るカクテル。これも砂糖などの甘味は抜いて。

4、ダーク・ストーミー
ジンジャービアーにダーク・ラム、ライムジュース、ライム、しょうがを混ぜて。家で作る際はゴスリングラム(ラム酒の銘柄)のダイエットバージョンを使って。ライムやショウガには抗酸化作用あり。

5、モスコミュール
スリムな女性になりたければコレ! たくさんの氷を入れたジンジャービアーにウォッカ、ライムジュース、ミントの葉を入れて。これも砂糖やシロップを入れるのは我慢して。

ちなみに、カクテルにはフルーツが使われることが多いけれど、これってダイエット的にはどうなのかというと、「オレンジスライスなどのカロリーは微々たるもの。それに、ビタミンや食物繊維が摂れるうえに抗酸化作用があるフルーツも。ただ、シロップ缶は砂糖が多く含まれているので、使うなら缶詰でない生のフルーツを」とのこと。

また、カクテルよりもビール派だという人は、飲むならギネスビールがオススメ。1缶126キロカロリーととても低くプリン体含有量も少ないんだって!

せっかくのお酒のお誘い、断らずに上手にお酒とつきあいながらダイエットを続けていきたいですね!

参照元:BAZAAR
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch