bbc

コーヒー界の『Apple』こと、全米で大人気のコーヒーショップ、『ブルーボトルコーヒー』。海外サイト『SPRUDGE』が報じるところによると、なんとここ日本にも、いよいよ進出してくるみたいなのー! わぁいわぁい!

……とここで、『ブルーボトルコーヒー』ってなに? 初めて名前、聞いたんだけど。という思いが頭をよぎったみなさま。まずは同店について、説明させていただきますね。

『ブルーボトルコーヒー』は、元クラリネット奏者だったジェームス・フリーマンさんがその道を諦めた際、もうひとつの夢「本当においしいコーヒーの提供」を実現すべく、一念発起。2002年8月、自宅ガレージでスタートさせた、コーヒー店です。ガレージ……まるで『Apple』創業者のスティーブ・ジョブズさんみたい!

当時は焙煎所としてのみ機能していたそうですが、やがてサンフランシスコを中心にカフェスタイルでの営業体系をとるようになると、たちまち人気が急上昇。

bbc2

特に同店が生み出した、コーヒーを1杯ずつ淹れる「マイクロブリューコーヒー」は、その香り高い味が話題に。「焙煎した豆は48時間以内に使い切る」などの強いこだわりが功を奏し、今や「このコーヒーでないとダメ」というファンも少なくないのだとか。

ちなみにフリーマンさんは大の旅好き、日本もよく訪れているのだそうで、銀座『カフェ・ド・ランブル』など「日本の喫茶店」がことさら好きなのだそう。なるほど、だから「時間がかかっても1杯ずつ淹れる」というスタイルを貫いているのですねぇ。

bbc3

さて、そんな『ブルーボトルコーヒー』の記念すべき日本の初店舗、一体どこになると思います? その場所は意外や意外、「清澄白河」! 詳しい住所は、「江東区平野1-4-8」! なんでもこの地が、同店発祥の地、米オークランド地区の雰囲気によく似ていることが、その理由みたい。

しかもね、今回の日本の出店に投資した企業の顔ぶれがまた、スゴイの。『Google』『Flickr』『Twitter』『Uber』……ね? なんというか、その、イケてる企業ばかりでしょう? こういった背景もまた、コーヒー界の『Apple』と呼ばれる所以(ゆえん)なのかもしれません。

初店舗は、焙煎所・ペストリー工場・カフェ・オフィスが一体化したスタイルになる予定。ペストリーに関しては、日本オリジナル商品のリリースも予定しているらしいですよっ。

初店舗起動後は、渋谷や六本木などにも、順次出店していく展望があると語る、フリーマンさん。オープンするその日が、とーっても待ち遠しいですね!

参考元:SPRUDGE Blue Bottle Coffee
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼楽しみすぎる!!!!!

bbc4
bbc5