10foodsdiet1
またまた今年も薄着の季節がやってまいりました。夏本番に向けて絶賛ダイエット中という皆さんもいることでしょう。

そこで今回は海外サイト「Womanitely」より、カロリー燃焼を助けて痩せやすい体にしてくれる10の食べ物をご紹介します。ほとんどが手軽に手に入れることができ、簡単に食べられるものばかり。今日からすぐにでも毎日の食生活に取り入れられますよー!

■ 1、グレープフルーツ

低カロリーなのに腹持ちがよく満足感を感じさせてくれるグレープフルーツ。おまけに、血中グルコース濃度(血糖値)を安定させてくれる食物繊維が豊富。フルーツサラダやスムージーに加えたり、ジュースで飲むなどするのがオススメ。

■ 2、セロリ

セロリの主成分は水。そのためとにかく低カロリーでダイエット中に食べるには最適。とはいえ、セロリだけでは栄養バランスがよくないので、他の食べ物と組み合わせてうまく取り入れて。

■ 3、全粒穀物

全粒穀物とは要するに、玄米や発芽玄米、全粒粉の小麦などのまだ精白されていない自然のままの穀物のこと。消化するのに時間を要し腹持ちがよいのが利点。さらに各種ミネラル、ビタミン、炭水化物が豊富で脂肪も少ないと言うことナシ!

■ 4、緑茶

抗酸化物質が豊富で新陳代謝をアップしてくれる働きあり。暑くなる時期ですが、冷たいジュースを飲みたいところをホットの緑茶にしてみては。

■ 5、オメガ3

オメガ3とは不飽和脂肪酸の一種で代謝をよくしてくれることが科学的にも証明されています。人間の体内では生成されないので、食べることで積極的に取り入れていきましょう。サプリメントもありますが、マグロやニシン、サケなどの青魚、くるみやエゴマなど食べ物から摂るのがいちばん!

■ 6、コーヒー

カフェインは心拍数を増加させ、より多くの酸素を血液中に送りカロリーを燃やしてくれます。ただし、クリームや砂糖をどっさり入れては台無しになってしまうので、替わりにシナモンを入れるのはいかが?

■ 7、アボカド

不飽和脂肪酸を含むアボカドには、新陳代謝のスピードをアップさせたり、活性酸素が失われないよう細胞のエネルギー生産部分を保護したりする働きがあります。また、コレステロール値を下げたり目や髪によいなどとにかく栄養価抜群! トマトと一緒に海塩で食べたり、緑豆とほうれん草のサラダにスライスしたアボカドを加えたり、シナモンとココナッツミルクでスムージーにしたりと朝食で楽しんで。

■ 8、スパイシーな調味料

カロリー燃焼のスピードを速めてくれるのが、カイエンペッパーや辛いソースなどのスパイシーな調味料。カロリーもそれほど高くないので日々の食事に取り入れるにはピッタリ!

■ 9、チアシード

シソ科のチアという植物の種。日本ではあまり馴染みがないけれど、アメリカではミラクルフードとして最近大人気だそう。タンパク質、食物繊維、オメガ3脂肪酸が豊富で、食欲を抑制し新陳代謝を高める働きが。スムージーやヨーグルトなどに入れることで満腹感を得られ、腹持ちをよくしてくれます。近所のスーパーに売っていない場合は楽天などの通販サイトを探してみて。

■ 10、ブラジルナッツ

新陳代謝アップ、セルライト抑制、免疫力アップなどのうれしい効果があるブラジルナッツ。カルダモンとバニラを加えてブラジルナッツミルクにしたり、パパイヤやマンゴーなどのフルーツとサラダにしたり。もちろん、そのままおやつとして食べてもGOOD!

いかがでしたか? これらの食べ物は単独で食べるのではなく、他の食べ物と組み合わせたりエクササイズの前に食べるなどすることで、カロリーの燃焼を助け、ダイエットに大きな効果をもたらしてくれます! ダイエットの強力な味方として、普段の食生活に意識的に取り入れてみましょう♪

参照元:Womanitely
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch