pb

「ピーナッツバターは高カロリー、すなわちダイエットには大敵!」

おそらくダイエットに励む女性のほとんどが、こう考えているのではないでしょうか。

でもね、海外サイト「Woman’s Life Today」によれば女性こそ、ピーナッツバターを摂るべきなんですって。たとえダイエットしていても、いいえダイエットしているからこそ摂るべき、とまで言及しているの。ちょっとビックリでしょ?

まずピーナッツバターの気になるカロリーはというと、1回の食事につき、だいたい160キロカロリー。そこにはおよそ2グラムの繊維質と、8グラムのタンパク質が含まれており、栄養バランス面で非常に優れているのだそう。

ただし、脂肪分は予想どおり過多。でもね、この脂肪分はピーナッツ、つまりナッツ由来。脂肪は脂肪でも、体にいい「不飽和脂肪酸」なのです。ってなわけで、ここからは箇条書きでいくわよ!

1. 良質な脂肪分が含まれている

悪玉コレステロールと戦い、体脂肪を溜まりにくくしてくれる成分「オレイン酸」が含まれているので、オリーブやアボカドなどと同様、ダイエットの強~い味方に。けれど食べすぎは逆効果、1日あたりの摂取量の目安はゴルフボールサイズのアイスクリームディッシャー2杯分……って、それ多くないか!? でも同サイトには、そのように記載されておりました。ご参考までに。

2. 女性には欠かせない栄養素「ビタミンE」&「ビタミンB6」が豊富

ビタミンEは抗酸化物質、老化、そして細胞にダメージを与えることを防ぎ、赤血球の作成にも関与します。またビタミンB6は、赤ちゃんの脳および神経系の成長に欠かせない物質であるため妊婦さんには不可欠、またにっくき「PMS(月経前症候群)」対策にも効果を発揮してくれるのだとか。

3. 間食防止に最適

最新の研究によると、午前中などの早い時間にピーナッツバターを摂取すると、その日1日満腹感を得続ける傾向にあることが判明したのだそう。つまり、間食防止に最適ってわけ!

いかがです? こうしてみるとピーナッツバター、ダイエット時にこそ食べたい食材ということがよ~くわかりますよねぇ。

人参やキュウリ、セロリなど野菜スティックのディップに。定番スタイルならば、バナナと一緒にパンに挟んでサンドイッチに。お好きなスタイルでぜひ、ピーナッツバターライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。ただし再度申し上げておきますが、食べすぎは逆効果ですので、その点はくれぐれもお気をつけて。

参考元:Woman’s Life Today
執筆=田端あんじ (c)Pouch