niko1

先日当サイトでお伝えした、「おーいはに丸」1夜限りの復活ニュース。

その第1報を耳にした記者は、あまりにも懐かしくて、懐かしすぎて、ふと思い出したのです。1980年前後のあの頃、NHK教育番組(現Eテレ)で流れていた伝説の名番組の数々を……!

そこで本日は、当時同チャンネルにて放映されていた子供向け番組を、ずらずら~っとご紹介。アラサー記者とほぼ同年代、1980年前後に生まれたみなさまの心に確実にミラクルヒットするであろうそのラインナップに、胸がキュンキュンしちゃうはず、ですわよ!!

1. 「にこにこぷん」(放送期間1982年4月5日から1992年10月3日まで)

「じゃじゃまる、ぴっころ、ぽ~ろり~、ときど~きアッチ向いて、ぷ~ん!」てな具合に、今でもオープニング曲を歌えるほど観ていたのが、着ぐるみ人形劇「にこにこぷん」。「おかあさんといっしょ」つながりで、その後番組「ドレミファ・どーなっつ」まで覚えている、なんて方も多いのでは?

ちなみにじゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりが住んでいた「にこにこ島(じま)」は、宇宙のかなたの地球によく似た星にあるのだとか。さらに「ドレミファ・どーなっつ」のどーなっつ島は、そのすぐそばにあるらしいですよ。し、知らなかった……。そして記者は、牛乳配達をしていた働き者のじゃじゃまる(覚えてます?)、彼のぬいぐるみを当時大切に持っておりました。

2. 「できるかな」(放送期間1967年4月から1990年3月まで)

ひと言も発さないまま色々なものを作る「のっぽさん」と、「うごうご」とだけ喋る「ゴン太くん」が繰り広げる、無言人形劇。最終回でのっぽさんの声を初めて聞いたときの衝撃は、今でも忘れられません。それにしてもこの番組、20年以上も放送していたのね……そのあいだずーっと無言って、今考えるとスゴイかも。

3. 「たんけんぼくのまち」(放送期間1984年4月から1992年3月まで)

まんまるメガネがトレードマークのお兄さん、チョーさんが、配達をしながら街を探検、地域社会の仕組みを学んでいくという番組。チョーさんが豊富なイラストを交えた「たんけん地図」を描くシーンが当時めちゃくちゃ好きで、その瞬間だけを毎回楽しみにしていた記憶があります。

4. 「こんなこいるかな」(放送期間1986年4月から1991年3月まで)

「おかあさんといっしょ」内で放映されていた番組で、「いやだいやだのやだもん」「こわがりやのぶるる」「いたずらっこのたずら」「わすれんぼうのぽっけ」「くいしんぼうのもぐもぐ」「ちらかしやのぽいっと」ら、個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる成長物語。

5. 「さわやか3組」(放送期間1987年4月から2009年3月まで)

「道徳の授業で観た」な~んて方も多々いるであろう、同番組。結構最近まで放送していたという事実をたった今知って、記者は驚愕しております。

対象年齢は小学3年生から4年生、ウィキペディアによれば「時期によっては、その回の事件が何も解決せず、主人公が悩んだ状態のままストーリーが終わってしまう(次回では何事もなかったかのように違うストーリーに入る)こともあった」のだとか。ほお……でも解決しないまま進んでいく、それもまた人生、現実だもんね!

6. 「それいけノンタック」(放送期間1985年4月から1992年3月まで)

おばあちゃんにもらった魔法のメガネの力を使って、少年ノンタックが社会の仕組みを理解していく同番組。「おでこのメガネで、でこでこでこり~ん!」という決まり文句、コレを聞けば、彼のことを思い出す方もいるのではないでしょうか。

7. 「いってみようやってみよう」(放送期間1985年4月から2004年3月まで)

おねえさんとサルのポッケが全国の養護学校などを回る番組。「ポッケ、ポッケ、パピプぺポ~ッケ」という歌、覚えてなあい? 番組内容よりも、むしろこの子、ポッケのことだけ強烈に記憶に焼き付いているという方は、きっと私だけではないはず。

8. 「ワンツー・どん」(放送期間1974年4月から1996年3月まで)

マスコットキャラクターどんくんの、「イエーイ、どんくんです」のひと言から始まる、子供向け音楽番組。余談ですが「石川のおじちゃん」として当時親しまれていたドラムの石川昌さん、今見てもかなりファンキーな風貌でございます。

【番外編】「みんなのうた」(1961年4月〜)

現在もNHKで続く、すべての世代、誰もが知っているであろう5分間の音楽番組。数多くの名曲が放送された中でも記者の心に最も強く残っているのが、大貫妙子さんが歌う「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」ファンタジックでありながらもちょっぴり不気味なムードが漂う人形劇、そのバックに流れる大貫さんの美しい声……その独特な世界観に今もなお、惹かれ続けております。

いかがでしたか? アラサー&アラフォーのみなさん、懐かしすぎますよね~!

これらの番組を大人になった今観たい、いや、「今だからこそ」観てみたい。そう思ったあなたは、NHKオンライン内、「お願い! 編集長」でリクエストしてみるといいかも。運がよければ、放送してもらえるかもしれないよぉ!!

参考:NHKオンライン Amazon さわやか3組(Wikipedia)
執筆=田端あんじ (c)Pouch