ga2

ダンボールに洗濯機、カバンに氷山。すべて「物」でしかないのだけれど、あれれ、なんだか人の顔に見えるぞ……!

ご紹介するのは、海外サイト「boredpanda」がチョイスした、どう見ても「顔にしか見えないもの」たち。

意図して作られたわけでもないのに顔に見えちゃうアイテムたちは、皆どことなく愛嬌があって、親近感たっぷり。思わず話しかけたくなっちゃう魅力に溢れているの!

Julija K.さんが見つけたのは、うつろな目がユーモラスな「ダンボールモンスター」たち。やる気というものを一切感じられない表情に目が釘付け、顔のみならず手まであるように見える点が、他作品から頭1つ抜きんでている、そんな印象です。

ga1

一方Tomさんが見つけた「洗濯機モンスター」も、なかなかのクオリティー。こちらはおそらく偶然の発見に少々手を加えた、いわば「発展型」の作品ですが、ダイヤルの模様を目に、はみ出した真っ赤な洗濯物を舌に見立てている辺りがお見事。読者から多数支持を集めているのも、なるほど納得だわ!

そのほかにもキュートなモンスターたちが続々登場。見終わったらおそらく、自分の周囲を取り囲む物たち、それらを見る目が変わるはずです、ええきっと。

参照元:boredpanda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼不定形の対象物が違ったものに見える現象を「パレイドリア効果」、3つのが集まった図形を顔と認識する脳の動きを「シミュラクラ現象」と呼ぶのだそう

ga3
ga4
ga5
ga6
ga7
ga8
ga9
ga10
ga11
car door
ga13
ga14
ga15
ga16
ga17
ga18
ga19
ga20
ga21
ga22
ga23
Processed with VSCOcam with k2 preset
ga25