mitsura
常々思っていたんですが、やっぱ私はみんなが当たり前のようにできることができない。

子供の頃からです。具体的になにが? じゃないんです。気づくといつも少数派にいる、ということです。友人との遊びだったり、高学年のときの「あの子気に入らないよね?」の質問への返答だったり、学級会での発言だったり、なんか少数派にいるんですね。

【 私はなぜかいつも少数派にいる 】

大人になっても何かと間違えます。バラエティをやるには致命傷です。だって、みんなで作ろうとしているオチが正直、わからないことが多いんですもん。でもバラエティは変わった世界で、ひとり間違えたことを言う人を面白がってくれることもあります。が、あまりに頻度が高いと「空気の読めないタレント」とレッテルを貼られてしまいます。

tora2

【 小学生時代はクラス全員が “めんどくせぇ” という雰囲気になった 】

・はやく話を終わらせたい多数派
そうそう、思い出した。小学校6年のとき、なんか偉い人らがうちのクラスの学級会を視察に来たんです。お題は「掃除をしない子はどうしたら掃除するようになるか?」でした。で、「みんなで注意する」という意見が出て、すぐに「掃除をした子はマル、しなかった子はバツを紙に書く」に着地してしまいました。ほぼ全員一致で。ものの10分でした。

・少数派の私は手をあげた!
で、そのとき、私が手を挙げちゃったんですね。「ほかの子らが掃除してるのに、掃除をしないで平気な子が紙にバツを書かれたところで、なんか効果があるんでしょうか? なんか響きますかねぇ?」と。クラス全員が「めんどくせぇ」という空気になったのを覚えています。したら先生が「この意見どう思う? もう1回話し合おう!」となって、1時間話し合いが続きました。で、結果は結局「紙にマル、バツを書く」に納まりました。

・先生がホメた…ここが間違いの始まり!
学級会が終わった後、先生が私のところに来て耳元で言いました。「反対意見を言うことは素晴らしい。ありがとう。助かったよ」と。どうやら視察団が来てるのに10分で終わったらまずかったみたいで、活気のある話し合いを先生は演出したかったみたいで、私の空気の読めなさは役に立ったようでした。

ここ! ここが間違いの始まりだ。褒めちゃダメだよ。純真無垢な私は「反対意見を言うことは大事だ。自分が納得できないことはちゃんと言わなきゃ」なんて思い込んだのでした。そこから人生、まあぶつかる、ぶつかる。

tora2

【同じ意見になれたらどんなに楽か】

でもいつも思ってたんですよ。みんなと同じ意見になってたらどんなに楽かって。なんか外れるんですね。完全に相手に合わせて逆いったときに限って正解だったのかよぉ? みたいな。ちょいちょい悪目立ちしてしまうんです。

それはイジメや仲間はずれにされるほどの威力はないんですが、積もり積もると「なんかムカつく」になるんですね。バイトの嫌な先輩とかがすぐに「なんかムカつく」という言葉を口にしていました。でも時代が「個性は素晴らしい」みたいなノリになっていって、少数派がカッコいいみたいになっちゃって、私もバカだから自分を肯定しちゃって、(先輩)「なんかムカつく」→(私)「うるせぇ、バカ」→クビ、という構図が何度かありました。

tora2

【「いい加減、わかれよ」な空気はわかるのだが… 】

バイト時代はよかったのですが、もうね、この世界20年すぎましたでしょ、「いい加減、わかれよ」な空気になってきたんですね。そう、その空気は読めるんです。自分が今、非難されてんぞ? なやつは。そこ。そこが私の天才でないところ。

芸能界はなんでも面白がる心の大きな人たちが多いので、本当にとことん空気が読めなければ面白がられるんです。が、私のように中途半端に読めない人間はやっかいなんですね。そこ読めるんなら大事なとこ読めよ、と。

tora2

【夢はキレイな海のそばに住むこと】

今の夢は沖縄か海外に住むことです。息苦しいから。キレイな海のそばに住んで心を解放したい。外国に行って、匿名の自分になって何ができるのか冒険したい。そんな話しをしたら周りの芸人さんに言われました。「「海に潜って人生観変わりました」と「自分探しをしたい」ほど安いセリフはない!」と。なるほどぉ〜。世間の疲れた女子あるあるは、芸人の世界では少数派になるんだな。

執筆=光浦靖子/画像=Pouch (c) Pouch
・文中のアイコンは光浦さんの手芸作品

▼暇さえあれば南で泳ぐ! 沖縄・黒島にてシュノーケル。(by光浦靖子)
mitsuura2