sf

1985年より発売が開始された、ドールハウス「シルバニアファミリー」。

アラサーである記者から現代の子供たちまで、実に幅広い層になじみがある、ウサギさんやくまさんら、森のゆかいな仲間たち。今回ご覧いただくのは、そんな彼らが、我々の想像もしなかったようなシチュエーションに、身をおいている姿です。

ご紹介するのは、シルバニアファミリー「第16回売り場づくりコンテスト」に入賞した作品の数々! ……ってそもそも、このコンテストはなんぞや!? そんなふうに思われた方も、多々いらっしゃることでしょう。

【テーマは “みんなで海に遊びに行こう!” 】

同商品の販売元である「エポック」社および業界関係者らによって審査が行われるこちらのコンテストは、夏休み期間中シルバニアファミリーを展開している全国の店舗を募り、テーマに合ったステキな売り場を表彰しよう、といったユニークな試み。「みんなで海に遊びに行こう!」がテーマとなった今大会、237店舗の中から映えある最優秀賞に選ばれたのは、青森県むつ市「マエダ本店」です。

【海っちゃ海だけど……】

荒ぶる波、ぴちぴちと跳ねる巨大なマグロ。ねじり鉢巻きが勇壮なウサギおじさんたちが、大間の港に帰ってきたぞ~……って、おい! 大間もたしかに海だけど、海だけど。まさか漁師になって大漁旗振っているとは……さすが最優秀賞作品、想像を軽~く超えてくるわ~。

sf4

【カオスすぎる光景】

ふと浜辺に目をやれば、漁師たちの帰りを待つ家族らしき姿も。ですが女性たちはなぜかみんなビキニ、子供たちはイカやらヒトデやら海の生物のかぶりものを被っておりまして、なにもかもがカオス。めちゃくちゃおもしろいけども、失礼ながら果たしてこのディスプレイで、売上伸びるんでしょうか!?

【ドラマ “あまちゃん” 風デイズプレイも】

そのほか、優秀賞の岩手県遠野市「サンホビーアンクル」の人気ドラマ「あまちゃん」風ディスプレイも、今大会の見どころのひとつ。比較的無難にまとめている他店と比べ、これら2作品は明らかに異彩を放っておりました。

しっかしこのコンテスト、こんなにも回を重ねているのに、全然その存在を知らなかったわ……。なんか今まで、人生ソンしてた気分! ってなわけで、もっともーっと入賞作品を見たいというあなたは、今すぐ下記サイトをチェックしてみるべしっ。

参照元:シルバニアファミリー売り場づくりコンテスト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼「あまちゃん」風ディスプレイで優秀賞を勝ち取った岩手県「サンホビーアンクル」

sf1

▼以下2作品は普通に可愛らしいです/こちらは優秀賞、北海道留萌市「トイスターモリヤ」

sf2

▼ディスプレイ賞、和歌山県有田川町「ジョーシン有田川店キッズランド」

sf3