hunawa6
東京みやげの定番、浅草名物として親しまれている舟和の芋ようかん。どこからどう見ても正統派な和菓子って感じがしますよね。

ところが、この芋ようかんをバターで焼くと一気に洋風のスイートポテト風になるという情報をTwitterで発見! 舟和本店の公式サイトにも、秋冬のオススメとして焼いてアツアツにする「焼芋ようかん」なる食べ方が載っているじゃないの!

なんなのその「ひと粒で二度おいしい」的な食べ方……素敵すぎる!! これはやってみるべしでしょう!

【というわけで、さっそく買ってきた】

ひさしぶりに買いました、舟和の芋ようかん。包み紙を開けると、なんと箱の裏にも「オーブンで焼いて香ばしい焼き芋風、またフライパンでバターで焼くと、こくのある洋風のお味になります」と書かれてる! どれだけ洋風オシしてるんだ!

【芋ようかんを焼いてみる】

フライパンを火にかけ、バターを落とします。ジュゥーーーーという音、魅惑的な香り! ああ、バター最高。さあ、ここに芋ようかんを入れますよー! 舟和の芋ようかん、ちゃんとひと切れずつ分かれているので、包丁で切る必要なく助かりますね。

【芋ようかんの大学デビューや~!】

焼き加減はお好きなように。筆者は両面に軽く焦げ目がつくぐらいにしました。お皿に乗せると……うおおおお、もうこれはもうようかんじゃないっ! さつまいもケーキ? スイートポテト? 「芋」と「ようかん」というコテコテの和風のビジュアルから一気に洋風テイストに変身しましたよ! 芋くさかったあの田舎娘が大学デビューしていきなり垢抜けはったわ~……そんな感じです(どんな感じだ)。

【トッピングでさらに贅沢しちゃうよ!】

さらに今日はここにアレを入れちゃうよ! ハーゲンダッツのバニラ味だ、ドーーーン! やだ、贅・沢……! これも舟和のホームページに「お好みでバターやアイスクリーム、シナモンなどを添えても美味しく召し上がり頂けます」と書かれてあるとおり。トッピングでさらに洋風感が高まりますね。アイスクリームはラムレーズンや抹茶なんかも合いそう。

【実食タイムです】

食べてみると、やはりバターがいい仕事してます。ようかんの表面がバターでコーティングされちょっとカリカリな食感に、そして味にもコクが出て見事に洋風テイストへと変身を遂げている! そしてお芋とアイスクリームのコラボレーション、間違いないおいしさです。スイートポテトそのまんまではありませんが、激ウマ洋風スイーツであることは確か

舟和の芋ようかんが家にあるものの、「途中で味に飽きちゃった」「違う食べ方がしてみたい」……そんな方はぜひとも試してみて。ちなみに筆者、これを深夜に作って食べました。夕飯もしっかり食べましたけど、誘惑に負けてひと切れペロリと行きました。こんなん、深夜の菓子テロですわ。でもいい。おいしかったから我が生涯に一片の悔い無しです。

参照元:舟和togetter
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼ひさしぶりに買った舟和の芋ようかん。見まごうことなき和菓子感

hunawa1

▼フライパンにバターを落として……

hunawa3

▼芋ようかんを焼いていきます。焼き目はお好みで♪

hunawa4

▼今回、このコもいい仕事してくれました。ハーゲンダッツのバニラ味

hunawa5

▼断面。甘くてまったり、極上洋風スイーツ。日本茶にも紅茶にも合いそうよ

hunawa8