kerorin

ツイッター上で日々展開される、企業公式ツイッター同士のやりとり。ここから生まれる企画は少なくなく、ユーザーたちも常に、その動向を注目しています。

本日ご紹介するのも、そんな “ツイッター上のやりとり” が発端となった注目企画。

普段から田中芳樹さんによるSF小説「銀河英雄伝説」のファンであることを公言していた、「カタログ通販のニッセン」ツイッター公式アカウント担当者、スミスさん。こちらに今年4月、一般ユーザーの方から次のようなメッセージが届いたのだそうです。

「ニッセンさんは銀英とコラボなどいかがでしょう」

【著者・田中さんの事務所から即OKのメッセージが!】

それを見ていたのが、田中芳樹さんの事務所代表、安達裕章さん。彼が「田中芳樹事務所的には、いつまでもお待ちしております。はい」といったコラボOKメッセージを送ったのは、先述したやりとりのわずか、1分後(!)でした。

【その後20分で企画案を提示することが決定】

そこからおよそ20分(!!)でニッセン側が企画案を提示することが決まり、あれよあれよという間に、企画がスタート。いやはやツイッターのスピード感、恐るべしでございます。

【コラボ第3弾商品の中に……ケロリン桶が混じっているぞ】

そんなこんなで誕生した、「銀河英雄伝説×ニッセンコラボ」も、第3弾に突入。これまで洋服やグラス、アクセサリーなど数多くのコラボグッズを生み出してきた同企画のニューカマー、そのラインアップは「シルバーアクセサリー/ヤン艦隊」「自由惑星同盟ウイスキーグラス」、そして「自由惑星同盟×ケロリン桶」……!?

【ケロリン桶の頑丈さ、が由縁らしい】

解熱鎮痛薬「ケロリン」の広告として作られ、日本のお風呂シーンを長らく支えてきた内外薬品「ケロリン桶」が、一体なぜ……。

公式サイトによれば、「最後まで専制君主に屈しなかった民主共和主義者の強さのイメージを、別名 “永久桶” とも呼ばれるケロリン桶の頑丈さに仮託した逸品です」とのことですが……わかるようなわからんような。でもここで、「ケロリン桶」の存在を思い起こしたニッセンさんはスゴイ、そのことだけはよ~くわかりますっ。

【裏側ぶっちゃけツイートにもご注目♪】

ちなみに「ケロリン(R)」は、内外薬品株式会社の登録商標。ケロリン桶はその、広告グッズ。ということはつまり、製品化にあたる場合こちらの許可も必要になってくるわけですが、見事快諾を得た模様。

その経緯を知りたいあなたはぜひ、双方のツイッターをご覧になってみてくださいね。その内情を、両者、すがすがしいまでにぶっちゃけておられますので。

参照元:ニッセン カタログ通販のニッセン 公式ツイッター ケロリンの内外薬品(株) ツイッター
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼何がきっかけになるか、わからないものですねぇ

▼内外薬品さん……