e4

バットマンやスパイダーマンなどアメコミヒーローに、おなじみミッキーマウス。さらにはジミ・ヘンドリックスやボブ・マーリーらミュージシャン、チェ・ゲバラなどの人物画。

このように、モデルとなる対象は多岐に渡りますが、そのタッチはみな同じ。カラーは1色、増えても2色。線画のようですが、まるで “煙がゆらゆら漂っている” かのような、不思議な手法が印象的です。

【インテリア的要素が強い! オシャレ!】

絵として秀逸でありながらも、オシャレなインテリアにもなり得る洗練された作品群。こちらを手掛けているのは、アーティストのOctavian Mieluさん。

【作者は “ルーマニアのグラフィックデザイナー” らしい】

彼のフェイスブックおよびtumblr、ショッピングサイトEtsy内のショップ。どこを見ても、自身に関する記述は全くと言っていいほどありません。明らかになっていることといえば、Behance内にある自身のページに記載されていた、「ルーマニア・ブカレスト在住のグラフィックデザイナー」といった情報くらい。

【キーワードは、やはり「煙」】

独特の絵のタッチがどうしても気になって、その他海外サイトを調べてみたところ、「arch20」に、次のような記載がありました。

「線は美しい。特にスライドしたようなフォルムは、黒と灰色から成る異なる影を生み出すから」

こちらはMieluさん自身による発言。タイトルにも「スモーク・ポスター(Smoke Posters)」とあるとおり、やはり煙をイメージした上で線を描き、作品を完成させていたのですねぇ。

【ジョーカーの肖像画がクールすぎて痺れる……!】

数ある作品の中でも記者がとりわけ気になったのが、映画「ダークナイト」に出てくる敵役、ジョーカーの肖像画。

【お部屋に飾りたいよ~~~!!】

亡くなったヒース・レジャーさんが演じたジョーカーは、 “主役を食ってしまう” ほどに、映画の中で異様なまでの存在感を放っていました。そんな彼が “煙の線” と相まみえると、アクの強さのようなものがほんのりと薄れ、それでいながら、ほどよく不気味な印象に。……これは、欲しい! お部屋に飾っときたいっ!

記者と同じように、Mieluさんの絵をゲットしたいと思われた方は、今すぐEtsy内のショップをチェック。1作品1852円と超破格ですので、ぜひお気に入りの1枚を、見つけてみてはいかがでしょうか。

参照元: Facebook tumblr Etsy Behance arch20
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼……いい!

e
e1
e2
e3
e5