kana

日本に暮らし、日々その文化に触れていると、それらが持つ魅力や価値そのものに気がつくことができない。そういったことは、よく起こり得ることですよね。

たとえば、ひらがな。普段何気なく用いているこの字を、改めてよ~~~く見つめてみてください。

……どうです? 丸みがあって、しなやかで、品があるのにどこか艶っぽい。 “字” としてでなく “形状” として観察すると、ひらがなが持つ、このような新たな側面や魅力に気がつくことができるのではないでしょうか。

【ひらがなが美しいピアス&イヤリングに!】

本日ご紹介するのは、そんなひらがなにフィーチャーしたアクセサリー。クラウドファウンディングサイト「Makuake」に登場している、ひらがなを繋げてモチーフにしたピアス&イヤリング、身につける “書” 「Hiragana」です。

【丸みのある形状は、まるで女性の体のよう】

流れるように記された、ひらがな文字。「ありがとう」「うつくしい」「きずな」など、チョイスされた言葉自体は珍しくも何ともないのに、いざそれらの文字がひらがなとして連なると、実に美しい形状となるから不思議です。ふんわりと優しい曲線を描くそれは、あたかも女性の体のようで、ちょっぴりエロティックですらあります。

【外国人の方にもウケがいいはず】

このほか「しぶや」「とうきょう」など地名を記したピアスなどは、外国人の方にもウケが良さそう。制作者である広島県出身・鎌倉在住の書家兼デザイナー、國廣沙織(くにひろ さおり)さんの目の付けどころ、そしてセンスの良さに、唸らずにはいられませんっ。

【黒髪に映える上品な1品です♪】

ひらがなの魅力を知り尽くした書家ならではなピアスは、その黄金色の輝きが、黒髪によく似合う1品。ピアスかイヤリングか、どちらかを手にできる支援コースは1万円から。気になった方はぜひとも、公式サイトをチェックしてみて。

参照元: Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼素敵……!

kana
kana
kana