_MG_3956
今、超話題のイベントといえばコレ!「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」(4月29日~6月28日/六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内 スカイギャラリー)でしょう。

5月4日の「スター・ウォーズの日」では『スター・ウォーズ』のコスプレさんたちがわんさと六本木ヒルズに集合。GWは、なんと入場6時間待ちという驚異の大混雑で、ニュースにもなったのでご存じの人も多いのでは? その大人気の「スター・ウォーズ展」に行ってきましたよ!

【日本の『スター・ウォーズ』ファンのための展覧会】

「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」は、原案&監督のジョージ・ルーカスが「美意識が高く、アートへの理解が深い日本のファンのみなさんのために企画した展覧会です」と語っています。

この展覧会で見られるアート作品は『スター・ウォーズ』エピソード1~6の世界を振り返るとともに、それらの作品がいかにアーティストに影響を与えて来たか、そしてどれだけのアート作品を生み出してきたかもわかるようになっています。

ゆえに『スター・ウォーズ』ビギナーでもOK。その世界観を知るよいきっかけになるし、マニアは衣裳や美術小道具などに萌えられるという『スター・ウォーズ』をまるごとパッキングした展覧会なのです。

【6つのセクションでSWワールドを表現】

まずメインエントランスに入って、すぐに目に入るのはデス・スターとダース・ベイダー! 周囲をグルリと囲むのはストーム・トルーパー。いきなりダークサイドに連れて行かれ、すっかり気持ちはベイダー卿に捕えられたジェダイの騎士の気分です。

ここをスタートに、6つのセクションに分かれた『スター・ウォーズ』の世界へと入っていきます。

「The Original Vision~スター・ウォーズの原点~」
ここにはルーカス監督が『スター・ウォーズ』のアイデアの源になった作品『フラッシュ・ゴードン』のコミックスや『隠し砦の三悪人』のアイテムなどが展示されています。

それに加え、これまでの『スター・ウォーズ』6作品の復習ができるようになっています。『スター・ウォーズ』ビギナーはここをじっくり見ておくといいでしょう!
_MG_3984

「Vision of FORCE~フォースの光と闇~」
『スター・ウォーズ』全作を通して、その力を発揮しているのがフォース。フォースは銀河一体を結びつけている神秘の存在で、フォースの光がジェダイ、フォースの闇がシス。そしてジェダイとシス、それぞれのライトセーバーがここに展示されているのです。映画を見ているだけだとあまりよくわからないけど、けっこうデザインが違うのに驚き!
_MG_4182

「Vision of BATTLE~闘いと兵器~」
『スター・ウォーズ』の物語は、ジェダイとシスの闘いの中で親子、兄弟、友情、師弟の絆が描かれています。その闘いで登場する宇宙船、戦闘機、兵器、兵士の展示があるのがこのセクション。兵器マニアにはたまらない空間ですね。各エピソードの闘いごとに展示されていてわかりやすいです。
_MG_4033

「Vision of SAGA~サーガと運命の肖像」
おそらくこの展覧会で一番人気があるのがこのセクションではないかと。中央にドカンと『スター・ウォーズ』オールスターズ(ルーク、ハン・ソロ、レイアなど)の衣裳や小道具の展示があり、その周辺を彼らの素晴らしい肖像画が! 
_MG_4069

様々なシーンが思い出され、キューンとなります。
_MG_4064

「Vision of GALAXY~銀河と生態系~」
こちらは『スター・ウォーズ』に登場する銀河の舞台と生息する生命体のセクションです。政治の中枢コルサント、砂漠のタトゥーンのミニチュアが展示され、見覚えのあるキャラクターが……。
_MG_4108

あの気味悪いジャバ・ザ・ハットや可愛いイォークも展示されています。イォーク、実物大かなあ。意外と大きいんでビックリ。

「Vision of DROID~ドロイドが見たサーガ~」
『スター・ウォーズ』が生んだスタードロイドといえば、このコンビ、C3-POとR2-D2ですね。こちらのセクションではこの名コンビが過去6作を振り返る映像が流れています。

もちろん2体とも展示されていますし、壁にはドロイドを描いた肖像画がズラリ飾られています。
221819931_org

【お土産いっぱい、ダース・ベイダーと2ショットも! 】

そしてお土産は「スター・ウォーズ スペシャルショップ」にて。Tシャツなどの衣類から、文房具、お菓子、フィギュア、ぬいぐるみなど多種のアイテムを取り揃えています。どれもこれも欲しくなりますよ。ファイヤーキングのマグカップ、TENBAのトートバッグなど散財しそうです。

iU0GR

oOpmj
また六本木ヒルズの各店舗でも、傘、シャツなど販売しています。

そしてもうひとつのお楽しみは、ダース・ベイダーと記念写真が撮影できるスポット「フォトロケーション」(屋上スカイデッキ)。ダース・ベイダーがライトセーバーを持って待っています。ベイダーと闘いながら記念撮影するというのはいかがでしょう?

2015年12月18日には新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開されますからね。その前に、この展覧会で『スター・ウォーズ』の世界にドップリ浸って、新作公開をワクワク待ちましょう!

★「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」詳細
・開催期間:2015年4月29日(水・祝)~6月28日(日) ※会期中無休
・場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(森タワー 52F)
・開館時間:10:00~22:00 ※最終入場時間は閉館の30分前まで。
・入場料:一般 ¥1,800(税込)、高・大学生 ¥1,200(税込)、4歳~中学生 ¥600(税込)、
シニア(65歳以上) ¥1,500(税込)※展望台、美術館への入場はできますが、屋上スカイデッキへは別途¥500(スター・ウォーズ展の会期中、フォトロケーションの設置あり/11:00~22:00 ※最終入場21:30、荒天時クローズ)
・公式サイト:http://www.roppongihills.com/tcv/jp/sw-visions/

© & TM Lucasfilm Ltd
取材執筆=斎藤 香(C)Pouch

▼ダース・ベイダーと2ショット
_MG_4162

▼ジャバ・ザ・ハット
_MG_4092

▼イウォーク
222115538_org

▼R2-D2
_MG_4113

_MG_4096

_MG_4010

_MG_4014

o4G1k

T80K2

WFHRJ

MBhVc

oS82q

92IW0

WNgwk

_MG_4051

_MG_4038

_MG_4030

_MG_4027

_MG_4017