img_61676_2
新聞紙ホットケーキミックスといえば、「どちらも家に必ずある」という人も多いのでは? そんな家にある材料で簡単に今はやりの極厚ふわふわケーキが焼けちゃうとしたら……?

初心者でも作りやすいレシピを提案するオレンジページから5月16日に発売されたのは、『ホットケーキミックスで失敗なし 新聞紙の型で極厚ケーキ』(630円/税別)という本。

この一冊があれば、カステラもガトーショコラもシフォンケーキも、ホットケーキミックスと新聞紙で作った型で誰でも作れちゃうんですって!

【新聞紙で作る焼き型の元祖は……】

新聞紙で作るケーキ型はすでにネット上でもおなじみのもの。けれど、このアイデアを最初に提案したのは、実は生活情報誌『オレンジページ』! 1990年に紹介されるや、「まさか新聞紙が焼き型になるなんて!」という驚きびっくりするほどの大きなカステラが話題を呼び、当時大ヒットとなったそう。

【バリエーションも豊富に】

その後も改良が進み、カステラだけでなくシフォンケーキやチョコケーキのレシピ、ホットケーキミックスを使ったレシピが完成。『オレンジページ』2014年10月17日号の特別付録として発表したところ大好評だったため、加筆、再編集して一冊の本として出版することに。でも、新聞紙を使うとなるといろいろと疑問や心配が……。

【なぜ新聞紙? 燃えたりしない?】

まず、なぜ新聞紙を使うのか? これは、新聞紙を使うことで熱がじんわり伝わるから。大きな生地を柔らかく焼き上げるには最適なのだそう。でも、紙の型ってオーブンに入れて燃えたりしないか心配になりますよね。新聞紙の発火温度は291℃といわれているのですが、この本では160~170℃で焼くのでレシピ通りに作れば発火の心配はいらないそう。

ケーキ型を買うにはお金がかかるだけでなく、収納スペースの問題も。けれど新聞紙の型なら安上がりな上に場所をとることもナシ! それでいて人気のふわふわケーキが失敗知らずで作れちゃう……。お菓子づくりが好きな方やケーキ作り初心者の方ならぜひとも買っておきたい一冊です!

参照元:@PressNews
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼『ホットケーキミックスで失敗なし 新聞紙の型で極厚ケーキ』630円(税別)

img_61676_1

▼これまでの大きい型に加え小さい型も考案

img_61676_3

▼ふんわりふっくら、おいしそう!

img_61676_4

▼新聞紙の焼き型を使ったカステラレシピを最初に紹介した『オレンジページ』の誌面。

img_61676_5

▼改良が進み、シフォンやチョコケーキ、スフレチーズケーキなどのレシピまで!

img_61676_6