DSC05684_Fotor
昔、漫画やドラマで見たことがある、野菜や果物で「パック」をする女性の姿。輪切りのキュウリやオレンジ、レモンなどを自分の顔にペタペタとはってしばらく待ち、パックが終わったらそれをパクリと食べちゃう!

なんて一石二鳥なパックなのかしら! と、幼な心に感心したワケですが……もしかしたらそのパック、シミの原因になっちゃうかも!

【光毒性物質を含む食べ物は注意するべし】

「日焼けしたお肌のケアに『キュウリパック』がいい」って話、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか? しかし、「anan NEWS」によると、オレンジやレモンなどの柑橘類、キュウリ、ニンジンなどの野菜には光毒性物質「ソラレン」が含まれているそう。光毒性物質とは、紫外線に反応してダメージを与えやすくする作用を持つ物質のことです。

【お肌が紫外線に反応しやすくなる!】

「ソラレン」には紫外線に過敏に反応する性質があり、これを含む食品を食べてから日光を浴びるとシミができやすくなるといいます。つまり「キュウリパック」をしてからすぐに紫外線を浴びると、通常の状態よりもお肌が紫外線に反応しやすくなってしまうのです!

また、“手作り” ゆえに、雑菌が繁殖してしまう可能性も……これからの季節、日焼けケアに「キュウリパック」を試してみようかな~と思っていたオトメたちは、注意した方がいいかもしれません。

参照元:anan NEWS福山雅治に学ぶメンズ美容
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch