ganakousiki10

手づくりお菓子って安上がりに見えて、意外と材料費がかかるんですよね。しかも、最近ではお菓子作りでほぼ使うといってもいい「バター」が売り切れていることが多いんだよなぁ。

バターの代用としてマーガリンやサラダ油を使ってみるんですが、やっぱりバターを使うのが1番おいしいし、バターが入っていないとなんだかパサパサなイメージ。

そんなバター問題に頭を悩ませていたときに、ロッテのガーナ公式レシピ『しっとりチョコケーキ』を発見。レシピを読んでみると、材料はガーナのチョコレート、ホットケーキミックス、豆腐の3つだけなのだ!!

豆腐を使っているのに、掲載されている写真は一見普通のチョコレートケーキ。でもこれ、本当においしいの? どうせすんごい豆腐の味がするんじゃないの? と疑いだしたら止まりませ〜ん!

そこで本日は、ガーナ公式レシピの豆腐を使った『しっとりチョコケーキ』を作って、本当においしいのかどうか確かめてみたよ!

【本格的な味のヒミツは豆腐!】

ganakousiki1
ケーキといえば、卵とバターは絶対必須! かと思いきや、ガーナ公式レシピによると、バターも卵も使わないのに、本格的な味になるには「豆腐がカギ」なんだとか。本当に〜? うそでしょぉおお?

しかも、作り方もとっても簡単。チョコレートはあらかじめ湯せんしておき、別のボウルで豆腐をつぶし、その中にホットケーキミックスを混ぜ入れ、さらに湯煎したチョコを混ぜて焼くだけ! 本当はゴムベラでやるんですが、見当たらなかったので今回は木べらで代用しました。

【作る工程に一切のストレスなし】

ganakousiki5
作る工程でのストレスは一切なし! 豆腐とホットケーキミックスを混ぜ合わせると、まるでメレンゲを入れたようにふわっふわに。

しかもホットケーキミックスを計るだけなので、時短も実現! 逆にオーブンの余熱が追いつきません。気づいたときにはもうあとは焼くだけでした。

【見た目は普通のチョコレートケーキ】

公式レシピでは、丸型のケーキでしたが、今回はパウンドケーキ型で挑戦します。余熱した180℃のオーブンで20〜25分ほど焼いて完成! できあがりはいたって普通のチョコレートケーキ。まさか豆腐が入っているとは思えません。

【いざ実食! はたして豆腐感はある?】

ganakousiki8
ということで、冷ましてから切ってみると、切り口がかなりしっとりとしていました。スタバなんかのずっしり重いチョコレートケーキには及ばないけど、ガーナを3枚と1/3投入しているだけあってチョコ感は惜しみないです。

そして、バターや卵を使っていないとは思えないくらいのしっとり具合とふわふわ感です。豆腐ってすごいんだな〜と感心しちゃいます。

ganakousiki10

豆腐の味は「豆腐が入っている」と申告しなければ気づかないくらいの、わずかな程度。油脂が入っていないからなのか、甘いものを食べると胸焼けする世代には、とっても嬉しい食べやすいと思います! 

1日おいたケーキはさらにしっとりといい感じ。むしろこのほんのりな豆腐感がやみつきになりそうです。

ただし、やはりちょっとだけ「ホットケーキミックスでつくりました感」は出てしまいます。時短を手放して、小麦粉や砂糖を普通のものにしたらもっともっと本格的なケーキになるかもしれません。

【今までのめんどい作業はなんだったのか】

材料費とカロリーが抑えられて、作り方も簡単で時短、しかもとってもおいしい! という結果に。

今までの、堅いバターを無理やり木べらでつぶす、黄身と白身をうまく分けられない、手が痛くなるまで泡立てる、などのあのめんどくさい作業は一体なんだったんだ!!!

【パーフェクトすぎるレシピでした】

このレシピ、健康などの抜きにしても純粋においしいのだ。特に「カロリーなんて気にしねぇ!」と思っている方にこそあえて挑戦してもらいたいと思いました。

『しっとりチョコケーキ』のくわしい作り方が知りたい方は、ガーナ公式レシピをぜひチェックしてみてくださいね!

参照元:ガーナ 手作りスイーツレシピ
料理・撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

▼材料はチョコレート、ホットケーキミックス、そして豆腐! これだけだッ!!!
ganakousiki1
ganakousiki2
▼豆腐をつぶし
ganakousiki3
▼ホットケーキミックス投入!
ganakousiki4
▼ふわっふわです!
ganakousiki5
▼湯煎したチョコレートを投入!
ganakousiki6
▼あとはオーブンで焼くだけ
ganakousiki7
▼180度20〜25分で完成
ganakousiki8
▼切り口はこんな感じ! いかがです、豆腐が入っている風には見えないよね!
ganakousiki10